日々出会う美味しいもの可愛いもの楽しいもの
by kiroku-mania
<   2018年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧
スタバのカスタードプリン
相方が仕事でバタバタしてまして
今朝も5時過ぎ起きだったので
今日が小ネタです
b0177345_23195960.jpeg
昨年、夏の終わりだったか秋の初めだったか
遅ればせながら
初めて食べることが出来ました
スターバックスの
カスタードプリン

売り出した当初が売り切れ続出だったと
聞いていましたが
当然、この頃はフツウに買うことが出来ましたよw
b0177345_23200029.jpeg
わりとしっかりとした食感のプリン
そんな特筆すべきようなことはないですが
フツウに美味しいプリンだったと思います
そこまで特徴的ではないので
実はちょっと味も忘れかけ・・・w

カスタードプリン以外の味もあるんですね!
また機会があれば
買ってもいいかなと思いますが
とりあえず
気は済んだ〜〜〜w

もう眠いのでとりあえず寝ます〜
おやすみなさぁい



[PR]
by kiroku-mania | 2018-02-28 23:26 | あまいものとおやつ | Comments(0)
大分の至宝と囁かれる職人さんのお寿司を食べてきた
大分といえば
関アジや関サバなど
お魚も美味しいイメージありますよね!
なので
生魚を愛してるワタクシとしては
お寿司は絶対食べたい!
と決めていました

選んだのはコチラ
b0177345_22572715.jpeg
蔵のような建物ですが
ん??お店はここでよいのでしょうか
看板らしきものもなにもありませんので
ちょっと周辺でオロオロしましたw
b0177345_22573517.jpeg
扉の横に小さくありました
大分・佐伯「NARUMI」さんです!
今、大分でもっとも注目される
若手料理人・鳴海定臣さんのお店です
大分の至宝
なんて言う呼び声もあるのだそうです
b0177345_22575001.jpeg
せっかくなので
いちばん沢山食べられるコースにしました
まずは"茄子の揚げびたし"
一見どこででも食べられそうなメニューですが
驚く程美味しいです

佐伯産の茄子を120度で揚げてから
ひたしているのだそうです
b0177345_22580081.jpeg
そして、つい今まで生きていた
伊勢海老のお造りです!
お皿にのった今も、動いています
b0177345_22580743.jpeg
身がプリップリで甘い!!!
美味しいに決まってますね♬
b0177345_22582784.jpeg
そして、お造りです
左から、金目鯛(チカメキントキ)
真アジ、スマガツオの背と腹の部分になります
あああああ、至福の時間です

お醤油と
塩麹を乾燥させたものと
ブラックペッパー、わさびが出てきました!
塩麹がとても美味しいですし
ブラックペッパーも意外に合うんですね!
b0177345_22584875.jpeg
美味しい美味しいとはしゃいでいたら
真アジと平目のエンガワを
おまけしてくれました!
b0177345_22581630.jpeg
ビチビチと暴れている車海老の登場です!!
どうやって食べたいか聞いてくれましたが
せっかくなので
b0177345_23395323.jpeg
"車海老のおどり"にしましたよ
なんという尻尾の美しさ!!
佐伯では水揚げがあるそうですが
養殖ものではなく、天然の車海老は珍しいですね
b0177345_22590938.jpeg
海老、うまぁああああああ!!
あまぁああ!!!
b0177345_23395422.jpeg
頭はカリッカリに焼いてくれます
これまた美味しいんだよねぇ
b0177345_23410083.jpeg
"じゃがいものしんじょう揚げ"が出てきました
居酒屋さんメニューみたいでビックリw
でもこれまた美味しいんだなぁ
中にはトロリチーズが入っていて
栗入りのあんがかかっています

お寿司屋さん云々じゃなくて
好きだわぁw コレも
b0177345_23451410.jpeg
料理のコースみたいに
ほんとに色々出してくれます!
天ぷらです!
海老やはも、きびなご
さつまいも、茄子、おくらなどなど
さくさくあつあつで美味しいです!

海老は天使のエビといって
ニューカレドニア産なのだそうですが
旨味は、車海老以上とも言われてるのだそうです
b0177345_23440755.jpeg
塩は
雪塩、わさび塩、トマト塩の3種類です
さりげなく書いてるけど
このお塩にも、色んなストーリーがあるのです
でもさすがに半年近く経つので、忘れかけ・・・
b0177345_23452705.jpeg
ガリはなんと生姜と梨!
梨がこれまた美味しいんです!
b0177345_23453311.jpeg
ご主人の鳴海さん
とっても気さくで、沢山お話してくれます
お客さんを緊張させるようなお店にしたくないのだそうです

ご主人はほんとうに研究熱心で
どうすれば美味しくなるのか、ということばかり
考えているのだそうです
熟成期間、ネタの切り方などなど
まるで化学や生物の授業を聴いているようw
そのひとつひとつが
とっても興味深くて、とても楽しいですよ!

さあ、趣向が凝らされた
NARUMI寿司ワールドです!
b0177345_23560314.jpeg
まずは、"剣先イカ"からスタートです!
1週間熟成させたイカなのだそうです
イカの旨味を一番引き出す切り方というのを研究したそうで
ミリ単位で複雑に包丁を入れています
ごはんとイカが一体となって
口の中でほどけていく
こんなイカは食べたことがありません〜〜
b0177345_23565685.jpeg
そして、お次は
"金目鯛"です〜〜〜〜〜
コチラも熟成は1週間
旨味が増してますね〜〜〜〜
なんだかお魚がミルフィーユになってます!
薄く切られたお魚が4層でひとつになってます
見た目も美しいですが
こんな風なごはんとネタの一体感は
これまでに感じたことがないです
b0177345_23570889.jpeg
これは、"チダイ" です
どれもネットリと旨味が強くて
あああ美味しいねぇ・・・としか
言葉が出てきませんw
b0177345_23571498.jpeg
そして、さきほどの天ぷらでもいただいた
ニューカレドニアからやってきたという
"天使の海老"です

55度で50分間、低温で絶妙に火入れされ
ぷりっとミキュイな感じ
旨味も閉じこもってます

寿司は魚だ!と常々思っていますが
海老も美味しいのねと思う
佐伯の夜
(金沢の昼下がりもそう思ったんだった)
→気になる方はコチラから!
b0177345_23572818.jpeg
頭もちゃんと食べましょうね
うまうま
b0177345_23591234.jpeg
"キジハタ"です
こちらも1週間熟成させたものです
どれも激ウマなんですが
中でも、コレ、めっちゃ美味しかったです

どれが一番美味しかったですか?と
最後のほうで聞かれて
何も知らずキジハタかなぁと答えたら
熟成具合がこの日が絶妙のタイミングだったらしく
ご主人が喜んでくれました
b0177345_23592660.jpeg
"さんま"です
リンゴ酢と塩でしめたさんまを
-60℃まで一旦凍らせて旨味を閉じ込める
熟成の仕方なのだそうです
色々原理も説明してくれます
ご主人、重度の料理オタクですw
b0177345_23593129.jpeg
そして、"伊勢海老の味噌汁"
ネコも跨いで通るほど、キレイに食べて
ご主人のご両親にまで褒められましたw
b0177345_23593421.jpeg
そして、"穴子"
ふわふわぁああ
ワタシ、回転寿司とかスーパーの穴子食べられないんですが
美味しいお寿司屋さんの穴子は大好きですぅうう
b0177345_23593719.jpeg
"イシダイ"
旨いに決まってるのだ
コース終盤、美味しいことが当たり前になって
驚かなくなってきてますw
b0177345_23594466.jpeg
"玉子"
ふわふわスポンジのような玉子焼きです
ワタシは出汁巻きみたいなんも好きですよ
b0177345_23594767.jpeg
〆は"トロ"
とろけるよ〜〜〜〜う♡
絶品です!!

いやぁあああああ、もう!!!!
美味しい楽しい時間
相方もワタシも
大満足でした!!!!
さっき、チラッと書きましたが
どの料理、どのネタにもストーリーがあるんです
料理も器も、音楽も服も雑貨も
なんでも素敵なものには物語がありますよね
NARUMIさんには
ストーリーがいっぱいですw

またご主人の料理哲学を聞きながら
おいしいお寿司をいただきたいです
佐伯は、別府など観光地から少し遠いですが
行く価値ありますよ!!

またひとつ、通いたいお店が増えちゃったな〜



[PR]
by kiroku-mania | 2018-02-27 00:39 | そとごはん | Comments(0)
行列のお店に行ってみたけれど・・・
京都では行列ができてるという
人気のお店が
奈良にオープンしたということで
行ってみようかー
ということになりました
b0177345_21565606.jpeg
「牛カツ専門店 京都 勝牛」さんです
オープン当初は奈良も行列ができていましたが
1週間程経っていたので
そこまで混んでいませんでした
b0177345_21310346.jpeg
ぴっか〜〜〜〜
なんだか高級そうなメニューですね!
b0177345_21310329.jpeg
ワタシは、"特選 上牛カツ膳"です!
牛一頭から600gしか取れない希少部位
"うわみすじ"というとこを使用してるそうです

ソースは4種類です
わさび醤油、山椒塩、牛カツ特製ソース
そして和風かレーソースつけ汁
あとはごはんと小鉢と赤出汁
ちなみに
ごはんと赤出汁とキャベツはおかわり自由です
b0177345_21310360.jpeg
ビジュアルはとっても美味しそう
衣は薄くて赤身にじわぁあっと火入れしてあります
b0177345_21310363.jpeg
でも、味が全然美味しくないのです
なんていうのでしょう
お肉の旨味というものが、まったく無いです
驚く程に・・・
b0177345_21310283.jpeg
相方はみそカツ
"百年味噌わらじカツ膳"
秘伝の味噌を2種類使用してるとか!

そんでもって、セットの赤出汁を
"牛吸い"に変更してあります
b0177345_21310300.jpeg
ででーん
でも、わらじカツのお肉
牛カツよりも、もっと美味しくないんです
どうやら
国産牛脂を加えてるそうです
いわゆる加工肉です

うううーーーん
なんでこれで行列ができるのかは謎です
うちもこの日以降行ってません



[PR]
by kiroku-mania | 2018-02-25 21:55 | そとごはん | Comments(0)
ロマンが溢れて止まらない
大分・別府といえば
群馬・草津に並ぶ
全国的に有名な温泉地ですが
なかでも
ここがシンボル的存在なのかもしれないです
b0177345_23411125.jpeg
「竹瓦温泉」です
こんなに趣のある公共浴場は
道後温泉のほか、行ったことがありません!

明治12年(1879年)創建で
当初は竹屋根葺き、その後の改築で瓦葺きになったため
竹瓦温泉という名前になったのだそうです

現在の建物は昭和13年(1938年)に建設されたものだそうです
b0177345_23411033.jpeg
わぁあああああ
もうロマンたっぷりですね!!!
素敵過ぎます

そして驚くのが入浴料100円!
安過ぎです!!!

中に入ると
テーブルや椅子等が並んでいて
お風呂上がりにのんびりできるようになっています
とにかく天井が高くて
とても開放感があります!
b0177345_23413485.jpeg
扉が無く暖簾だけの脱衣所から
階段を下りるとお風呂があります
炭酸水素塩泉の源泉掛け流し
ロマンが溢れてる〜〜!!!

ほんっとに天井が高くて
開放感があります
神聖さすら感じさせるお風呂です
気持ちがいいな〜〜〜〜〜

この日は平日の朝だったせいか
お客さんはとても少なく
ほぼ貸切状態でした
b0177345_23411194.jpeg
お風呂はやや深め
そして熱め
源泉温度が50度以上あるのです
でもそれがめ〜〜〜〜〜っちゃ気持ち良いんです!!
ワタシはここのお湯好きだなぁ
ずっと浸かってたら
後から来られた地元のおかあさんに
熱くないの〜?強いねぇ!
と感心されてしまいましたw
b0177345_23413720.jpeg
古いお風呂ですので
床など年季が入っていて
割れたりしていますが
それがまた良い雰囲気を醸し出しています

時が止まってしまったかのようですが
でも決して過去の遺物ではなく
今もしっかり息衝いてるのが素晴らしいです

ほんとうに素晴らしい温泉です
見る価値、入る価値、満点です
しかも100円て!
安過ぎる!

次も別府に来たら、絶対来ます!!!
あああああ
またあの空気に包まれながら
あのあつ〜〜〜いお湯につかりたいなぁあ



[PR]
by kiroku-mania | 2018-02-25 00:09 | たび | Comments(0)
とっても端正な美形ラーメン
2017年10月
秋の夜
相方とふらりとやってきました
b0177345_23523663.jpeg
奈良・天理「麺屋 一徳」さん

天理スタミナラーメンや彩華など
天理には有名なラーメン屋さんが多いですが
味の系統がまったく違う
とっても美味しいラーメン屋さんです
b0177345_23520542.jpeg
自信の現れなのか
メニューもとっても少ないです
基本
らーめんが2種
それに追加する、替え玉と〆飯
あとはごはんだけです
よくある薬味系等も一切置いていません
b0177345_23520523.jpeg
ワタシは塩らーめん
相方は醤油らーめんにしました
化学調味料などは使っていないそうです

トッピングは
白髪ネギとチャーシュー、小松菜だけ
とてもシンプルで潔いですね
b0177345_23520534.jpeg
麺は細麺です
スッキリした鶏と魚介のスープにピッタリ合います
チャーシューは
脂身がなく、旨味がいっぱいでとても美味しいです
この薄さが絶妙な食感で大正解です

ほんとにめちゃ美味しい
きっとラーメンが苦手な人も美味しいと感じる
和食のようなラーメンです
お出汁を飲んでるような感じなんです
b0177345_23524027.jpeg
スープがあまりに美味しいので
〆飯を注文です
おしながきには
残ったスープに入れて雑炊風にして
お召し上がり下さい
と書かれています
b0177345_23520453.jpeg
トッピングの、青ネギや刻み海苔
柚子胡椒が効いてて
これまためちゃ美味しい♡

コレは美味しいわぁ
リピートしたくなるラーメンです
今この瞬間も食べたいなw



[PR]
by kiroku-mania | 2018-02-20 16:51 | そとごはん | Comments(0)
雲に阻まれる
熊本阿蘇の観光名所のひとつ
「大観峯」
ですが
ワタシたちが訪れたときは
お天気がイマイチで
あまり眺めがよくありませんでした
b0177345_23220531.jpeg
雲の切れ間からはちらちらと
阿蘇のカルデラ台地が見えるのですが・・・
b0177345_23220672.jpeg
これが精一杯でしたw
まあ、しょーがないですね〜!!
ここの前後は割合お天気に恵まれてたので
良しとしました
b0177345_23220524.jpeg
せっかく来たので
食い気に走りましょう!
b0177345_23220583.jpeg
"阿蘇の牛乳"
こうやって飲むと
ムショーに美味しく感じるのはなぜでしょう
b0177345_23220556.jpeg
大観峰名物
"焼きフランク"
結構肉々しくて美味しかったですよ!
b0177345_23220694.jpeg
阿蘇のメイスイ
くまもん柄
可愛いですね!!

さて、大分に戻ります!



[PR]
by kiroku-mania | 2018-02-19 16:21 | たび | Comments(0)
名古屋でピエルマルコリーニのカフェに行ってみた
最初はゴディバすら知らなかったのにw
毎年のバレンタインやホワイトデーなどを経て
だんだん高級チョコへの造詣が
少しずつ深くなってきた相方

名古屋に行っていた時に
「ピエールマルコリーニ」の
カフェに行ってみようと言うではありませんか

ピエールマルコリーニは
今や日本でも1、2を争うほど
とってもとっても有名な
ベルギーを代表するショコラティエです

マルコリーニの最大の特徴は
みずから、カカオ豆を仕入れ、選別し
調合し、焙煎し、というすべての工程を
自分の手で行っていることです
b0177345_12345421.jpeg
ああ、これが食育ってやつなのねw
すくすくと育ってくれて、ウレシイよ

ピエールマルコリーニのカフェは
日本では東京と名古屋にしかありません
ってか
お店の外側、ガチャガチャしてますねw
もうちょっと高級感出せば良いのに
b0177345_12345474.jpeg
おしゃれ〜〜な店内奥の階段を上がって
2階がカフェになっています
b0177345_12345301.jpeg
入口です
なんだか高級感あるなぁあ
b0177345_12345490.jpeg
ワタシもカフェ利用は初めてです
オリジナルおしぼりやコースターに感動する田舎者w
b0177345_12345362.jpeg
何にするかすご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く
悩んだんですけどね

カフェでしか食べられないメニューがいいし
チョコを感じられるメニューが良い
というわけで
"マルコリーニチョコレートパフェ"

バニラアイスクリームと
チョコレートアイスクリームの上に
オリジナルのクーベルチュールで仕上げた
チョコレートソースがかかってます

チョコの風味がとにかく濃厚!!!
そんなに甘くない
あんまりいっぱい食べたら
クラクラ失神しそうなくらい濃厚です
(褒めてます)
そのへんのパフェとは一線を画す美味しさですよ〜
まあ、値段も一線を画してますけどw
b0177345_12345487.jpeg

お店に行ったのが10月だったので
相方は、季節限定
"マルコリーニ マロンパフェ"
秋の定番、マロンダックワースをパフェに
トロワリビエールのラム酒が香るマロンアイス
ビターチョコレートと
キャラメリゼしたヘーゼルナッツ

こちらは、チョコレートパフェより
甘かったみたいですね
でも、少しだけ食べましたが
美味しかったですよぅ
b0177345_12345305.jpeg
そして
以前に泊まったリッツカールトン大阪で
→そのときのブログ
マカロンに目覚めた相方が買ってくれました
b0177345_12345367.jpeg
手前から
"ピスターシュ"
ポスタチオのプラリネを練り込んだ
ホワイトガナッシュショコラ
時計回りに
"ピエールマルコリーニ"
ピエールマルコリーニはこだわりのカカオを
最良のバランスでブレンドしたという
ビターガナッシュショコラ
奥が
コーヒーで香り付けされた"カフェ"
そして、"シトロン"
"パッションフルーツ"です

やっぱり王道マルコリーニがいちばんでした
でもシトロンやパッションも
爽やかな酸味が加わって美味しかったです

ごちそうさまでした!
いつもありがとうねぇえ〜〜♡



[PR]
by kiroku-mania | 2018-02-18 16:34 | あまいものとおやつ | Comments(0)
熊本名物といえば馬刺かな!
熊本にやってきたら
絶対食べたい!ものの筆頭に
"馬刺"があります

相方が震災支援に行っていた間
送られてきた馬刺し重の写真の美味しそうなこと
そして、その値段の安さにも驚きました
なので
その写真のお店に行く!
というのも目的のひとつだったのですが
お昼に行ったら
売り切れって言われてしまい
結局その目的は果たせませんでした

ならばならばと
相方が以前目をつけていたお店へ
b0177345_12104410.jpeg
「馬さし屋 松明」さんです
コチラでいただくことは出来ませんが
おうちまで送ってもらうことが出来ます!
b0177345_12104488.jpeg
馬刺し、といっても色んな種類があるんですね〜
ワタシはよくわからんので
相方に選んでもらいました
b0177345_12104345.jpeg
とりあえず
"馬うまコロッケ"を買う!!
ということだけは主張しときました
b0177345_12104446.jpeg
これが馬肉なのか、といわれると
よくわからないですがw
ちょっと濃いめの味付けで美味しかったです
b0177345_12104424.jpeg
後日我が家に届いた馬刺
楽しみ楽しみ♬
相方は、上馬刺しとタテガミを買ってくれました
b0177345_12104306.jpeg
あと、こっちは道の駅で買った馬刺し
阿蘇とり宮というところの馬刺のようです
賞味期限が早かったコッチを先に食べてみました
b0177345_12104322.jpeg
コチラは赤身です
盛りつけは、行けなかったお店の
馬刺し重を参考にしましたw
美味しかったなぁあ♡
赤身が柔らかくてとろけます
b0177345_12104459.jpeg
そして、コチラが
松明の上馬刺しとタテガミの
二色馬刺し重w
旨い旨いぃいいいいい

ワタシにはタテガミはちょっと脂っこいので
上馬刺しがいいなぁ〜〜
b0177345_12104355.jpeg
残りは、別の日に
シンプルにお刺身でいただきました!

どちらも自分でカットしてるので
カタチがいびつですみませんw
何はともあれ
やっぱ熊本の馬刺は美味しいな!!
次回は
売り切れてたお店にリベンジと
上馬刺をいっぱい買って帰ろ〜〜〜w



[PR]
by kiroku-mania | 2018-02-17 17:09 | たび | Comments(0)
みたらし団子発祥の地でいただく
相方と京都をぶらぶら
ちょっと甘いものでも食べに行くことにしました
b0177345_11574610.jpeg
みたらし団子発祥の地・下鴨神社のすぐ近く
「加茂みたらし茶屋」さんです
創業は1922年だそうです
意外に新しいw
もうすぐ100年ですね
発祥の店じゃなくて、発祥の地なのでしょう
b0177345_11574653.jpeg
みたらし団子は
平安朝の頃、下鴨神社の糺の森にある
みたらし池に涌き出す水玉(水の泡)を象って
作り上げられたものだそうです
ものすごく歴史が古いのですね!

みたらしの池は
京都三大祭のひとつ「葵まつり」で
斎王代が前日に禊をおこなう池としても有名です
b0177345_11574606.jpeg
このみたらし団子は
最初にひとつを少し離して、あと4つ
串にさされていますが
これは五体を意味したものだそうです

夏越の行事に使う人形紙のように
団子を神前に供えて祈祷を受けた後に持ち帰っていただいたことが
由来となっていて
それが今のかたちにつながっているのですね
b0177345_11574691.jpeg
お餅は香ばしく焼かれています
甘いタレが絡んで
とっても美味しいです♬
b0177345_11574754.jpeg
相方は、なぜか"わらび餅"
みたらし団子発祥の地で
なんという反骨精神w
でもこちらも美味しかったですよ〜!!

お持ち帰りの包みも
とても可愛らしいみたいなので
店内が混んでいたら
お持ち帰りもいいかもですよ〜



[PR]
by kiroku-mania | 2018-02-16 16:57 | あまいものとおやつ | Comments(0)
こんな素晴らしい芝居小屋があるなんて!!!
熊本県・山鹿市
昨年、縁あって訪れることが出来ましたが
温泉以外に
こんな素敵なものがあるとは
まったく知りませんでした!
b0177345_10370553.jpeg
「八千代座」です
明治43年に建てられた芝居小屋です

温泉と商工で栄えた山鹿の旦那衆が劇場組合を作り
一株30円の株を募って建てられたそうです
古い興行記録には
長谷川一夫や片岡千恵蔵なども名を連ねるほど
賑わっていた芝居小屋だったそうです
b0177345_10525404.jpeg
ひとたび、小屋に入ると
その美しさに圧倒されます!!!

今では、こんなにも美しい八千代座ですが
娯楽が多様化した昭和40年代からは
時代から取り残されていき
閉鎖状態が続き、朽ちかけていたそうなのです
b0177345_10525421.jpeg
それに心を痛めた山鹿市民が
昭和61年に「瓦一枚運動」という復興活動をおこし
集まった基金で
屋根の改修工事を行い
約5万枚の瓦を葺き替えたのだそうです
b0177345_10531382.jpeg
天井の美しい絵の一枚一枚は広告になっていて
当時の写真などから復元して描かれています

照明のデザインも当時のままだそうです
以前はガス灯で、今は電気です
いくつかのガラスは残っていたものをそのまま使用しているそうです!
残りの数個は復元ですが
当時のガラス製造技術がとても高く
同じものはどうやっても作れないのだそうです
b0177345_10525463.jpeg
観覧席は枡状に仕切られ
後ろの方へ行く程、なだらかに高くなっていきます
舞台が見やすいように工夫されているのですね!
両側の桟敷席も後ろへ行く程高くなっています
2階の舞台正面の後方は油断すると転げ落ちそうですw

なるべく当時の木材をそのまま残し
最低限の箇所の復元を行ったという花道もとても綺麗

それにしても美しい!!!
本当に実際目の当たりにすると感激します!

八千代座の素晴らしいところは
これだけじゃありません!
b0177345_11071096.jpeg
奈落と呼ばれる、舞台下もそのまま残されています!
石組みもそのまま見えています
b0177345_11071097.jpeg
廻り舞台もあり、今も公演で使われています
当時では珍しい、ドイツのクルップ社製のレールと車輪がつけられ
直径8.45mもある廻り舞台を
人力で回すことができます
ただ、それでもものすごく重いので
何人がかりかで回さなければならないそうです
(普段はストッパーがかかっています)
b0177345_11071093.jpeg
舞台真ん中から突然演者が現れる仕掛け「迫り」も人力です!
板の上に演者が乗り
左右に出ている棒を四人で担ぎ上げるのだそうです

ちなみに花道から現れるしかけは「すっぽん」
人ではないもの(化物や幽霊)が現れる時に使用されます
そちらも四人掛かりです
スタートがほぼ寝そべった状態から立ち上がる為
かなりの労力が必要ですね!!
b0177345_10525426.jpeg
その他、演者さんの控え室や
桟敷席や、かつての大道具部屋など
ほとんど見学することが出来ます
b0177345_11070980.jpeg
昔の警察官の見張り場みたいなとこです
面白いですね〜

館内は
スタッフの方が
八千代座の歴史や、見所などとても丁寧に説明してくれます
理解が深まって、とても面白いですよ!!!

八千代座のすぐ近くには
資料館「夢小屋」があり
創建当時の資料や文献や小道具が展示されています
実は、館内より先に、資料館を見学するのですが
ブログの構成上、後にさせてもらいました
b0177345_11265524.jpeg
資料館もかなり面白いです
b0177345_11262000.jpeg
当時の公演のチラシなどもあります
b0177345_11265399.jpeg
舞台で使われていた小道具が展示されています!
左上がねずみ、右がどくろ、下段真ん中のかえる
他の棚には、ねこやかっぱやなどもありました
材質は、主に紙ですが
かっぱには人毛も使われていました・・・
当時の空気が伝わってくるようで、とても楽しいです!
b0177345_11262002.jpeg
愛犬家としては、犬に注目です
ぬいぐるみ、と書かれてますね
白木綿で作られてるそうです
丸っこいフォルムと、にっこり笑ってる口元が可愛いです
b0177345_11262078.jpeg
ポストもありましたよ〜
紙製です
工夫が凝らされていて、とても楽しいです
b0177345_11261954.jpeg
坂東玉三郎さんの衣装だそうです

八千代座の復活の一助には
坂東玉三郎丈の存在があり
とても大きいそうです
朽ちた八千代座の写真を見て心を痛めたた玉三郎丈が
芝居が出来る状態になったら公演するという
約束を果たしてくれ
それが復興の大きな追い風になったのだそうです
そして
その後も定期的に八千代座で公演を行っているんですって
なんだか
エアウィーブのイメージしかありませんでしたが
玉三郎さんが好きになりました

昨年の秋には市川海老蔵さんも公演を行っていて
こんな距離感で観られたら
すごい迫力なんだろうな〜〜と
想像するだけでワクワクします
歌舞伎を
こんな舞台で観れたら、最高素敵です

という訳で
決めました!
海老蔵さんの公演を八千代座で観る!
玉三郎さんじゃなくてごめんなさいw
早く次決まらないかなぁあ
その折には
熊本まで馳せ参じます!!



[PR]
by kiroku-mania | 2018-02-15 16:28 | たび | Comments(0)


カテゴリ
検索
以前の記事
最新のコメント
アニカさんこんばんわぁ〜..
by kiroku-mania at 22:53
こんばんは。手作りのブル..
by アニカ at 00:45
アニカさん〜〜! お祝..
by kiroku-mania at 11:47
キャー)^o^( キロ..
by アニカ at 12:55
アニカさん、こんにちは!..
by kiroku-mania at 23:01
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧