日々出会う美味しいもの可愛いもの楽しいもの
by kiroku-mania
カテゴリ:たび( 612 )
世界で唯一?丹頂鶴のボートに乗ってきた!!
さてさてブログの世界は
昨年9月にタイムスリップ
岡山にて
激ウマ豚まんじゅうを食べたところです

せっかく近くまで来たので
後楽園に行くか、岡山城に行くか
どうしようかなぁ〜とブラブラ散策です
b0177345_23000958.jpeg
旭川の向こうに見えるのが岡山城です
b0177345_23001053.jpeg
橋を渡ると、貸ボートの看板を見つけました!
「後楽園と岡山城の美しい景色を
旭川からボートでご堪能ください」とあります
そうだそうだ!!!
以前雑誌で読んでいつか来てみたい、と
思っていたんだった!!!
b0177345_23001030.jpeg
ではでは、早速行きましょ〜〜!!
すぐ近くのカフェ「碧水園」で申し込みをしてから
スタッフのおねえさんと一緒にボート乗り場まで行って
注意事項などの簡単な説明を受けます
b0177345_23000990.jpeg
可愛いスワンボート!!!
ん??????
いちばん手前の子、スワン…?
実は
コレなんです!コレ!!!
お目当ては、この世界でひとつだけ?と言われる
「丹頂鶴」ちゃんのボート!!!
めちゃ可愛い♡
b0177345_23001034.jpeg
優しいスタッフのお姉さんに
丹頂鶴に乗りたいのです、とお願いしたら
快諾していただきました♬
b0177345_23000985.jpeg
さああああ〜〜〜出発だぁあ!!!
漕いで漕いで漕ぎまくりだぁあ!!!
ボートなんか、何年振りなんだろう〜
結構楽しいもんです
b0177345_23001074.jpeg
川から見える景色は
普段と全然違って、とても新鮮です
そんでもって風も気持ちいいぃ〜〜〜
b0177345_23195151.jpeg
自分たちが渡ってきた橋の下を
くぐってみます〜
ス〜〜〜イス〜〜〜イ
時間も短いので
ある程度行ける範囲は限られていますが
それでも、頑張れば
結構ウロウロできます!
b0177345_23195156.jpeg
陸路からは行けないところにも
ぐぅ〜〜っと近寄ることもできますよ!
b0177345_23195113.jpeg
なんといっても、いちばん素晴らしいのは
川から眺める岡山城です!!
この風景はほんとうに素敵です!!
これまでにこんな風にお城を眺めたことはなかったなぁ〜
b0177345_23195160.jpeg
これだけでも、ボートに乗る価値がありますね!
お城と空と川をひとりじめできますよ〜
b0177345_23195138.jpeg
ボートに乗る相方とワタシ
岡山城をこよなく愛しているという
スタッフのおねえさんに頼んで
漕いでるところを写真に撮ってもらいましたw

すごく親切にしてもらって
ほんとうに良い思い出になりましたよ〜
とっても楽しかったです♡
b0177345_23195103.jpeg
帰り道
お城のお堀にはリアルスワンちゃん
大満足です〜〜


by kiroku-mania | 2019-01-20 16:55 | たび | Comments(0)
ぶどうを買い求める
今日からまた旅に出るよ!
というのは昨年9月のはなし
b0177345_22424629.jpeg
結構急な思いつきで、出掛けることになりました
天気予報は雨でしたが
阪神高速に乗ってる間に晴れてきました!
ワタクシ、雨に降られる確率がすっごく低いのです
b0177345_23093315.jpeg
西へ向かっております
これはオリーブロードかな岡山ブルーラインだったかな
そうなんです!!
岡山へ向かっています
というか、岡山が旅の目的地への中継地なのです
b0177345_22424653.jpeg
途中、休憩もかねて
道の駅「黒井山グリンパーク」へ
グリーンパークなんだろうけど、屋根にそう書いてあるので…w
施設自体はとっても古い感じですが
さすが岡山は果物王国ですよね!
b0177345_22424518.jpeg
大好きなぶどうがいっぱいです〜♡
シャインマスカット大好き〜
地元では結構お高いですが、やっぱり産地は安めですね!
そして、ピオーネも大好き♡
ピオーネは、岡山で生まれたぶどうなんですよね
どっちも美味しいよねぇ
b0177345_22424500.jpeg
とりあえず、ドライブのお供に
すでに房からはずされているパックを購入
手軽でありがたいですよね
美味しくって、あっという間にぺろりですよ
b0177345_22424527.jpeg
そして、噂では聞いていた
瀬戸ジャイアンツ
初めて見ました!!!
皮ごと食べれて種がないのは、シャインマスカットも同じですが
これは是非食べてみたいですね〜〜
b0177345_22424676.jpeg
シャインマスカットと瀬戸ジャイアンツ
両方購入です!!!
b0177345_22424551.jpeg
左側のちょっとお尻みたいな形のが
瀬戸ジャイアンツです!
右側がシャインマスカット

瀬戸ジャイアンツ、めっちゃ美味しいな〜♡
皮が薄くて、果肉がぱつんと張っていて歯触りもいいし
そんでもって甘さがとっても爽やかで
ほんっと旨ぁあああ!です!
シャインマスカットより美味しいかもですよ
房で買ったシャイン〜は、美味しいんですけど
ちょっと甘味がくどい感じだったな〜
色々あるんですねぇ

それにしても
昨年は例年以上によくぶどう食べたな〜
ワタシが子供の時に比べたら
ぶどうの品種がほんっとに増えて
美味しいもの沢山あります

今年もたくさん食べよ



by kiroku-mania | 2019-01-18 16:41 | たび | Comments(0)
大好きな十津川・庵の湯でゆったり
昨年は、ほんとうに災害が多かった
地震も豪雨も台風も。
今年は、少しでも
災害の被害が少ない年になればいいですよね…

奈良という県は
なかなか面積が大きく
県北から県南へ行くとなると
車で3時間以上はかかってしまうのですが
県南には良い温泉が沢山あるんです

中でもワタシ達が大好きなのが
十津川温泉です
b0177345_17494750.jpeg
十津川村は全村掛け流し宣言をしていますので
どの温泉に行っても、掛け流しなんですが
公衆浴場がとても良いんです
料金が安くてお湯も最高
特に、「庵の湯」が良いんですよねぇ
b0177345_17494611.jpeg
長い階段をおりて
川面近くまで行かなければなりません
だいぶ、水が濁っていますねぇ
b0177345_17494704.jpeg
というのも
昨年夏の台風20号の影響で
このあたりは水に浸かってしまい
脱衣所の棚などがプカプカ水に浮いていたのだそうです
体重計や掃除機なども全部壊れてしまったのだとか
でも、9月初旬にはしっかり営業してくれてました!
b0177345_17494772.jpeg
お風呂は貸切でゆ〜〜〜ったりのんびりです
ほどよい熱さ、しっかりした湯量
ほんのり立ち上る硫黄の香り
はあああ〜〜〜癒される〜
b0177345_17494721.jpeg
というか、子供のときは硫黄の匂いって
大嫌いでしたけど
今完全に癒されるようになってます
大人になったもんですわぁw
b0177345_17494705.jpeg
当時災害の影響で、お客さんが減っていたそうですが
今はもう元通りでしょうね
十津川は幾度も甚大な水害にあっている村ですが
被災地に遊びに行くことも
応援になるんだと思っています
みなさまも、お出掛けしましょーーー!
というか
こういう話題こそ、すぐ載っけなきゃいけませんね…
b0177345_17494647.jpeg
十津川は足湯も良いんです!
チリチリ焼けてしまうかと思うほどの
あっついお湯で
足が真っ赤になりますが
それが良いんです!
足の疲れが吹っ飛びますよ〜〜〜

遠いけどなぁ
また行きたいなぁ



by kiroku-mania | 2019-01-11 16:49 | たび | Comments(0)
奥津のまちをブラブラお散歩
ずっと載っけている
岡山の奥津温泉
小さな町で、派手な観光地はありませんが
今日はすこし、みどころをご紹介です
b0177345_14170805.jpeg
自然が美しく
吉井川のほとりには遊歩道もあります
b0177345_14170799.jpeg
「奥津歴史資料館」もあります
小さな資料館ですが、入館料は無料ですので
気軽に見学することができます!
b0177345_14170784.jpeg
奥津で出土した、土器や石器などが
沢山展示されています
b0177345_14170759.jpeg
こうやってみると
お皿や壷などの陶器の形って
縄文時代からほとんど変わらないですよね〜
当時からすでに完成形です
b0177345_14170705.jpeg
陶馬の顔がにっこりさん
b0177345_14170757.jpeg
民族資料なども色々展示されていて
これは手引きのろくろによる木地の再現だそうです
b0177345_14170833.jpeg
この地域一帯では
砂鉄も木炭もふんだんに得ることができたため
古代からたたら製鉄が行われていたそうです
これは中世、16世紀頃の
製鉄炉の炉壁片だそうです
製鉄炉本体は、鉄を取り出す際に破壊する為
このような形で残ることが大変珍しいのだとか
b0177345_14170728.jpeg
これは、炉の底に出来る鉄のかたまりで
けら、というのだそうです

その他も色々展示がありますが
このへんで、お外に出ましょう〜
b0177345_14172366.jpeg
コレは、「馬乗石」という史跡で
フツウの民家の敷地内にあり
とてもわかりにくくて
地元の方に案内してもらいましたw
津山藩の4代目藩主・森長成公が
二度にわたり奥津温泉に湯治に来られた際に
乗馬の踏み台にした、と言われています
確かに、馬に乗るには最適な高さですね!
b0177345_14173201.jpeg
そして、吉井川のすぐそばには
足湯があります
b0177345_15002228.jpeg
こちらも源泉掛け流しと思われますが
昨年8月に広島や岡山でも大きな被害となった
豪雨の影響で
この足湯も完全に沈んでしまい
直前までは、入れる状態じゃなかったそうです
b0177345_15002382.jpeg
ほんとうにすぐそばに川が流れてますもんね
あ、川の向こうに、ワタシ達の泊まった奥津荘が見えています
大きな銀杏の木の下がお部屋…
また泊まりたい…
b0177345_15002379.jpeg
少し入ってみましたが
浸水したせいで川の水がずいぶん入ってしまって
だいぶ温度が低かったですねぇ
もう今では復活してることでしょう!
足湯はモーレツに熱いぐらいの方が良いのです

昔は、狼や熊を見張りながら
川に湧き出るお湯で洗濯をしていたそうで
この川岸の反対側では
足踏み洗濯などの観光用の実演などもあるようですが
その豪雨の影響で中止されていました
数少ない、町の見所なのにw…残念でした

まあ、なにもないから
ゆっくりできて良いんだなぁと思ったりしますよw
お宿でのんびり温泉に浸かりにきてるんだからねぇ



by kiroku-mania | 2019-01-08 16:16 | たび | Comments(0)
清水の舞台から飛び降りて、奥津荘に泊まる! 朝ごはん編
旅の楽しみについては
昨日も書きましたが
お泊まり旅の楽しみの上位にランクインするのが
ずばり「朝ごはん」でしょう!!!

朝からあんまり食べられない…という方
ほんとうに可哀想ですよね…
ワタシは朝からなんでも食べられるんですよねぇ
すき焼きだろうが、とんかつだろうが
なんでもいけちゃいます!
まあ、旅館の朝ごはんで
そんなものは出ませんけれどw
b0177345_13385866.jpeg
岡山「奥津荘」の朝ごはん
夜ごはんの時と同じ席で
吉井川を眺めながらいただきまーす
b0177345_13390644.jpeg
おおおおお〜〜美味しそう♡
良いですねぇ
正しい日本人の朝ごはんの見本のようです
b0177345_13392798.jpeg
ごはんは、朝ももちろん
源泉で炊いたごはんです
b0177345_13391849.jpeg
のどぐろの干物は
あったかいものを出してくれます
旅館の朝ごはんの魚って冷えてることが多いですが
こちらのは焼き立てほかほか
嬉しいですよねぇ
めっちゃ美味しいです♡
b0177345_13392262.jpeg
なんと、出汁巻たまごも
焼き立てのほかほかなんです!!
旅館の朝ごはんの玉子焼きって
魚以上の確率でほとんど冷たいものが出てきますが
ほっかほかで出てくるの、最高です
美味し過ぎですよ〜〜♡
b0177345_13394646.jpeg
豆乳の茶碗蒸し
朝にピッタリの優しい味、おいちぃ
b0177345_13393322.jpeg
魚のつみれのお味噌汁
これも、美味ぁあ〜です!
b0177345_13394339.jpeg
ドレッシングはすべて自家製
ごまと、橙が入ったもの
左は、料理長特製の割り醬油です
b0177345_14003667.jpeg
せっかくなので
珍しい橙にしました!
柑橘の香りが爽やかで美味しい〜♡
b0177345_13390678.jpeg
その他、ほうれん草のおひたし
ちりめんじゃこ、冷奴
蒜山ジャージ牛乳、ヨーグルト
どれも美味しくて
幸せの味♡
b0177345_13385868.jpeg
「名泉鍵湯 奥津荘」さん
とってもゆったりのんびりできて
お部屋もお風呂もお食事も大満足の
素晴らしいお宿でした♡♡♡

またいつか来たいなぁあ!!
きっと来よう!!!



by kiroku-mania | 2019-01-07 16:38 | たび | Comments(0)
清水の舞台から飛び降りて、奥津荘に泊まる! 夜ごはん編
旅の楽しみといえば
観光、温泉
豪華なお部屋で滞在そのものを楽しむ…
などなど色々ありますが
やっぱり一番の楽しみは「食事」ですよね〜
b0177345_23383012.jpeg
今日は夜ごはんをご紹介です
お部屋食を選ぶこともできますが
宿泊代にプラス10%ということで
高いお部屋に泊まるとその分余計に費用が嵩む…という訳で
御食事処でいただきます!
入口には、棟方志功氏の版画が飾られています
b0177345_23383926.jpeg
まずは"食前の一滴"
ということで、奥津荘の源泉が出てきました!
グラスは、鏡野町特産のウランガラスだそうです
食前酒ではなく、源泉
いいですねぇ〜〜!
b0177345_23383673.jpeg
そして、先附と前菜です
b0177345_23384650.jpeg
"新じゃがすり流し"
和風ヴィシソワーズといった感じですが
グリルした地野菜や海老が入っていて
香ばしくてほくほくっとして
めちゃくちゃ美味しくなってます!
b0177345_23384641.jpeg
"落花生豆腐 生雲丹"
ワタシは、普段は雲丹は食べないんです
回転寿司の雲丹とかがすごく苦手で…
多分、ミョウバンの味が苦手なんです
ほんとうに美味しいとこのだけは食べられるんですが
コレは、めーーーっちゃ美味しかった!
じーまみー豆腐(沖縄風に)と雲丹が合うなんて!
知らなかったなぁあ!
b0177345_23384652.jpeg
そして、前菜です
"鏡野産ミニトマト 赤ワイン煮"
"もろこし丸"
"鶏松風"と"合鴨香草蒸し"、そして"生ハムチーズ巻き"
どれもさりげないメニューですが、どれも美味しくて
おかわり〜って言いたくなりますw
b0177345_23385769.jpeg
お宿の女将さんが、相方への誕生日祝いに
シャンパンをプレゼントしてくれました!
素敵な心遣いが嬉しいです〜✨
b0177345_23390231.jpeg
"千屋牛炙り"です
ポン酢でいただきます
旨味が濃厚
千屋牛というのは、岡山の幻のブランド牛なんですよ〜
b0177345_23390641.jpeg
あ、しゃぶしゃぶのお野菜が運ばれてきました
b0177345_23391134.jpeg
ででで〜〜〜〜〜ん!!!
お肉大好きな相方の為に、ごはんも奮発しました
先程も書きました
"千屋牛の源泉しゃぶしゃぶ"です!

千屋牛は、日本最古の蔓牛「竹の谷蔓」の血統をひく
優秀な黒毛和種で、有料肉質和牛の代表格と言われています
飼育頭数が少なく
岡山県外ではあまり食べることができない
希少なブランド牛なのだそうです
b0177345_00032795.jpeg
名物の"薯用蒸し"
自然薯を源泉で蒸したお料理です
とっても優しい癒しの味です
b0177345_00032943.jpeg
こちらも名物の"強蒸し"
こちらも源泉で蒸したお料理で
薯用蒸し同様、創業以来ずっと変わらないのだそうです
銀杏、さつまいも、山菜、しめじ
もちもちのおこわ!大好きです!!
b0177345_00033312.jpeg
しゃぶしゃぶもいただきます!
お肉、めちゃめちゃ美味しいです
ごめんなさいね
美味しい美味しいばっかりで
美味しいものを食べた時のボキャブラリーが貧困…w
でも美味しいからな〜〜仕方ない!
b0177345_00033659.jpeg
お肉柔らかぁ!!!
とろけます♡
b0177345_00034117.jpeg
そして、ごはんと赤出汁、香の物
b0177345_00034581.jpeg
ごはんは、奥津荘の契約農家のコシヒカリです
標高450mの水と空気が美しい場所なのだそうですよ
それを源泉で炊いているんです
ありがたやありがたや…
温泉は浸かっても良し、食べても良し
なんですねぇ
b0177345_00035026.jpeg
そして、水菓子は
岡山産ピオーネ
梨、キウイ、オレンジです
b0177345_00035229.jpeg
爪楊枝がめっちゃ高そうでビックリ
これって手作りのやつですよね???
あまりの使い勝手の良さにうっとりですよ
用事もないのに、ほじってしまいたくなりますw
b0177345_00035644.jpeg
お宿からはシャンパン以外に
備前焼のコップと、奥津荘の絵はがきセットをいただきました!!
相方が、ですけどw
ほんとうにきめ細やかな心遣いが嬉しいです

ワタシは、いちおケーキ用意して
あとは毎度、服をあげてます
いつもビームス、アローズ、一度だけナノユニバースでしたが
今年はポールスミスにしましたよ
頑張ったわぁ 笑

でも、いつも相方がしてくれてることに比べたら
全然足りないくらいなんですよ
ほんとうに感謝しています
いつもありがとうねぇ
そしてお誕生日おめでとう、なのです



by kiroku-mania | 2019-01-06 16:38 | たび | Comments(0)
清水の舞台から飛び降りて、奥津荘に泊まる! お風呂編
「名泉鍵湯 奥津荘」
昨日はお部屋を載っけましたが
お宿の名前にもついている通り
なんといっても
主役は、お風呂です!
b0177345_18183594.jpeg
初代津山藩主・森忠政公が
そのあまりのお湯の良さに
森家専用として、鍵をかけて管理したことから
「鍵湯」と呼ばれるようになったのだとか
b0177345_18183490.jpeg
温泉の歴史としてはとても古く
伝説では
遥か昔の八雲朝廷の大国主命から命をうけた
少彦名命が奥津地方を巡視していた時に
発見されたと言われてるそうですよ
b0177345_18183591.jpeg
そして、なんといっても素晴らしいのは
源泉が湯船の底の足元から湧いて出ている、ということです!
しかも湯温は約42℃という適温で
加温加水をする必要が全くないですし
特筆すべきは、その豊富な湯量です!
b0177345_18183571.jpeg
わかりますか〜このぶくぶく!!!
なんと毎分247ℓも湧出するだそうです!
もうこの上ない程の新鮮なお湯です
もちろん循環などの必要があるはずもなく
これこそが、紛れなく「源泉掛け流し」ですね!
b0177345_18183550.jpeg
吉井川の川底をそのままを
そのまま湯船に活かしてあるんです
なので底は石がでこぼことしていて
とても楽しいですが
足の不自由な方などは少し怖いかな…
b0177345_18185161.jpeg
そして、もうひとつ
「鍵湯」のすぐそばにある「立湯」も
同様に足元湧出の素晴らしいお湯です!!
b0177345_18185834.jpeg
お風呂は、鍵湯よりこじんまりとしていますが
名前にもある通り
立って入れる温泉なのです
b0177345_22080448.jpeg
そうですね…平均的な女性の背丈ですと
立つと胸当たりまでの深さでしょうか
b0177345_18190534.jpeg
こちらも吉井川の川底そのままですので
場所によっては、急に深くなったりして
ビックリしますよ〜〜w

あ、泉質の話をするのを忘れていました
アルカリ性単純泉で
神経痛や、筋肉痛、関節痛、疲労回復などなどに
効果があると言われています
大学の実験で、2泊3日の湯治でも
健康状態が改善されたという結果が出ているのだとか
b0177345_18183539.jpeg
ちなみに、吉井川の川底ですので
お部屋から考えると
地下にあたります
b0177345_22082670.jpeg
あとは、貸切風呂の「川の湯」
そして、今回は入りませんでしたが「泉の湯」
b0177345_22082613.jpeg
こちらは、鍵湯から温泉を配湯しています
1階にありますし
底もフラットですので
足元に不安のある方は良いかもしれませんね!
ですが、そうでなければ
やはり、鍵湯か立湯をオススメしたいです
b0177345_22082358.jpeg
お風呂場にも、可愛くアメニティが置かれています

ワタシは結局
滞在中に
お部屋の露天風呂に3回
鍵湯に4回、立湯に1回、川の湯に1回
温泉を満喫してきました!
なんぼほど入るねん!

温泉に行き慣れていない方は
絶対真似しない方がいいと思いますが
あたりが柔らかく
湯当たりしにくい、優しいお湯ですので
比較的、入りやすいと思いますよ〜
特に
鍵湯は素晴らしいのひとことです!!

さ、温泉のあとは
ごはん、ごはん〜〜〜!!!



by kiroku-mania | 2019-01-05 16:18 | たび | Comments(0)
清水の舞台から飛び降りて、奥津荘に泊まる! お部屋編
9月最初の旅
ずっと寄り道を載っけてきましたが
ほんとうの旅の目的は
相方の誕生日祝いでした!

いつもいつも優しい相方の為に
今年じゃなかった!昨年は頑張りましたよ!
b0177345_16290996.jpeg
岡山・苫田郡鏡野町「名泉鍵湯 奥津荘」さんです!!!
温泉好きな方ならご存知でしょう
名湯・鍵湯を擁する高級旅館です
相当奮発しました!
だって、自分も
ずっとずっと泊まってみたい宿だったのです
こーゆー機会に私情を挟んでみました
b0177345_16290483.jpeg
風格ある建物は、昭和2年築だそうです
車を門前に停めたら
お宿の方が駐車場まで車を移動させてくれます
b0177345_16291751.jpeg
憧れの宿に興奮www
何枚もスミマセン
b0177345_16292432.jpeg
古い木造建築の風格を保ちつつ
とてもモダンな印象を受けるエントランスです
b0177345_16292875.jpeg
あの世界的な版画家である棟方志功氏は
奥津荘を常宿にし、創作に意欲を燃やし
沢山の作品を残したことでも知られています
館内でもいくつか展示されていますよ!
b0177345_16293850.jpeg
すぐ横のラウンジで
その場で点ててくれる抹茶と御菓子をいただきながらの
優雅なチェックインです
b0177345_16295353.jpeg
お部屋は、一番奥、一棟建ての離れ
「清間亭」に泊まります!
ほんとうは門に月、なのですが
Macでの出し方がわからないので代用の間でご勘弁を…
b0177345_16294814.jpeg
鍵も素敵です
鍵湯を擁するだけに、鍵のような形ですね
b0177345_16295918.jpeg
お部屋です〜〜〜〜
6畳間と2畳間、それと広縁
お部屋はとっても清潔で
必要なものがきちんと整えられていて
とても快適に過ごせるようになっていました
b0177345_17082326.jpeg
そして、特筆すべきは露天風呂!!
なんとお部屋にあるんですよねぇ〜〜〜〜
部屋付き露天風呂、何度か泊まっていますが
やっぱり興奮してしまいます!!!
b0177345_17082338.jpeg
樹齢800余年という
銀杏の大木の下で温泉…
最高過ぎるでしょーーーーーーっっ!!(鼻息)
b0177345_17082247.jpeg
お風呂のことは、また後日書きますが
加水、加温、循環などは一切無し
源泉掛け流しです!
b0177345_17220786.jpeg
洗面台もとてもキレイ
ドライヤーなどの無粋なものは
可愛い巾着に入っていて
見えないようにしてあります
b0177345_17082285.jpeg
アメニティの外袋は
棟方志功氏の作品がプリントされています
b0177345_17082277.jpeg
浴衣やタオル
そして、この丁字足袋がね〜〜〜
ものすごく気持ちいいんです!!!
軽くて柔らかくて、締め付け感も無くて
気に入りました〜〜
b0177345_17222540.jpeg
冷蔵庫には、なんと
温泉水が入っていました!
浸かって飲んで
デトックス〜〜〜

温泉に入ると、お水を沢山飲むので
こういうサービスがありがたいですよね!
b0177345_16304200.jpeg
ワタクシお気に入りになった掛け軸

とにかくお部屋も素晴らしいですが
お風呂、そしてお食事も
とってもとっても素晴らしいのです
おかげでめちゃ貧乏になりましたがw
好きなお宿ベスト3に入ることになりました!

またおいおい載っけますよ〜〜!



by kiroku-mania | 2019-01-04 16:28 | たび | Comments(0)
語る程は見られなかったけど、入館の思い出に載せておく
お正月気分も今日でおしまい…
いやだぁあああああ!!!
まだまだお正月が良い!!!
(ちなみにワタシにとってのお正月は
元旦だけでなく3が日をさします)
b0177345_22450983.jpeg
なぜかこのご時世に
初代プレイステーションを引っ張り出して
ちょこっと遊ぶお正月w

若かりし頃、攻略本なども読まず
ものすごく頑張って
初代バイオハザードを3時間でクリアし
無限ロケットランチャーを手に入れたことが自慢でしたが
今回、データを相方に消されてしまう
という不慮の事故ありwww
まあ、もうやらないから良いんですけどねぇ

さて
今日は昨日載っけていた
つやま自然のふしぎ館の真ん前にあります
b0177345_22324782.jpeg
「歴史民俗館」にも行ってきました
最初に共通入館券を購入していたので
時間も押していたのですが
さささ〜〜〜っと見てきました
b0177345_22324771.jpeg
津山の商家「錦屋」の関連資料や
歴代藩主からの拝領品
創設者森本慶三の足跡などが
展示されています
b0177345_22324721.jpeg
平安〜鎌倉期のものと思われる
とっても雅な貝桶
源氏絵が描かれているそうです
b0177345_22324794.jpeg
商家「錦屋」の暖簾で
初代錦屋三郎兵衛が最初に津山で商いを
始めた頃の暖簾で1651年頃のものだそうで
日本最古の暖簾、と言われているそうです
b0177345_22324713.jpeg
商いに使われていたであろう
秤や道具などなど
b0177345_22324773.jpeg
昔の道具を見るのは大好きです
ですが
いかんせん時間が無い…
自然のふしぎ館でゆっくりし過ぎましたw
b0177345_22324652.jpeg
天井がモダンなデザインです
きっと色々貴重な展示も見逃したことでしょう 汗
まあ、こんなこともある

次回は
旅の目的地へ
そして
明日からは仕事だぁああああ



by kiroku-mania | 2019-01-03 16:45 | たび | Comments(0)
つやま自然のふしぎ館は想像の100倍スゴかった!
みなさま
のんびりお正月してますか?
以前は、ワタシも相方も年末年始は仕事でしたが
今年は初めて2人とも休みで
のんびり気ままに過ごしています

三が日お仕事の方
ほんとうにお疲れ様です

さて
今日載っけるのは
9月最初のたびで立ち寄ったコチラ!
b0177345_14580135.jpeg
岡山・津山「つやま自然のふしぎ館」
1963年に開館した博物館です
まったく旅の予定には入っていなかったのですが
時間潰しにやってきました
絶滅危惧種の動物の剥製や、人体の標本、貝、昆虫など
展示の数はなんと20,000点以上なのだそうです
b0177345_14581336.jpeg
最初は、地球や生物の進化の歴史の展示があります
失礼ながら、まったく期待せずに入ったのですが
最初からハートを鷲掴みにされました!
なんと、この壁の迫力溢れる恐竜の絵や年表
すべて手描きなんです!
b0177345_14582451.jpeg
手描きって大好きです
筆づかいから、当時描いた人の息づかいまで
感じられる、というか…
人の存在が感じられる、というか
丁寧な修正などを見ると
展示の1つ1つが大切に扱われていたんだなぁと感じられます
b0177345_14583071.jpeg
ユキヒョウとクロヒョウの剥製です
他にもローランドゴリラや、座っているキリンなど
貴重な剥製が並んでいますが
これは序章に過ぎなかった…
b0177345_14581874.jpeg
チラノザウルスっていうのが可愛くてツボです
おそらくティラノサウルスのことですよね!
b0177345_14583731.jpeg
次の展示室は、人体に関する展示
とにかく内容がものすごく濃いんです
生理模型の数も多いですが
他で見たことも無いような
胎児の頭骨や少年期の頭骨(模型ではない本物)の比較や
本物の前身骨格などなど展示がズラリです

説明も手描きのものが多く
内容からも熱意のようなものが伝わってきます
b0177345_14584290.jpeg
いちばん驚いたのが、コチラの展示群
コレは本当にスゴいことですが
人体の遺体展示です

創設者の森本慶三氏が
自身の諸臓器を標本として館に展示したいと遺言を遺し
日本で初めて実現した展示で
民間の博物館ではかなり珍しいことです
自分が死んでもなお
館の為に、という情熱がすごいですよね
b0177345_14585193.jpeg
さらに奥には、貝の展示室があります
世界中の貝が1200種類も展示されていて
その中には、貴重なものも沢山
貝ってほんとうにキレイなんですよね〜
ワタシも海に行ってた頃はよく拾っていました
b0177345_14585954.jpeg
そして、奥の昆虫室は1500種類ほどの展示があります
美しい蝶や、大きなカブトムシなどなど
ほんとうに虫の造形には毎度感心してしまいます
b0177345_01160655.jpeg
ちょっとわかりにくいでしょうか
大きな写真がよかったかな…
矢印のちょうちょ
模様が右は「89」左は「BP」って書いてある!!
めっちゃツボにはまりました!
楽しいですよねぇ
b0177345_14590946.jpeg
ここの昆虫の展示で楽しいところは
「人間生活と昆虫」というコーナーで
テーマ別に楽しくまとめられているところです
例えば、コレは「昆虫発育順序標本」で
アブラゼミとアシナガバチの卵から成虫の間の
すべての姿が標本になっています

その他、伝染病媒介昆虫標本や
蛹類標本、薬用昆虫標本、変態比較標本など
見所があり過ぎて時間がどんどん過ぎていきます!
b0177345_01242353.jpeg
次は、アジアの動物、ということで
亜熱帯地域と寒冷地域の両方の動物が一挙に見られます
スマトラトラとアムールトラ
並んで展示されています
どちらも絶滅危惧種ですね…

他にも、ウンピョウやクロザルなどの剥製もあります
b0177345_01243681.jpeg
そして、世界の鳥、の展示室
とくに、世界の猛禽類の展示は圧巻で
翼を広げると人間より大きいのではないかと思うような
大きな鳥などもいてビックリします
もはや恐竜のようですよw
b0177345_01245568.jpeg
次は、北米大陸の動物の展示です
個人的に、このビーバーのおとぼけ姿が
めちゃ可愛くて好きでした
でも剥製、というものに
ずっと囲まれていると
なんだか悲しい気持ちになってくるんですよね…
b0177345_01245223.jpeg
環境省が2013年に絶滅宣言を出してしまった
ニホンカワウソの剥製です
可愛い顔…
まだ、高知のどこか山奥でも良いから
生き残っていてほしいと切に願います
b0177345_01243611.jpeg
アフリカ・ユーラシア大陸の動物の展示室では
インドライオンが親子3頭で展示されています
インドライオン自体も珍しいですが
親子3頭というのも非常に珍しいそうです

でもどういうことなんでしょう?
これって剥製にする為に
親子みんなが殺されたということなのでしょうか?
どこか動物園などで飼育されていたけれど
順番に死んでしまった、ということでしょうか?
上記でないことだけを願います
b0177345_01243602.jpeg
もの言わぬ動物たちに見つめられていると
ほんとうになんだか胸が苦しくなって
どんどんしんどくなってきました
b0177345_01243669.jpeg
極地と南米、という展示室では
北極と南極の動物が同時に見られます
大きさが3.2mもあるホッキョクグマと
ミナミゾウアザラシ
どちらもその大きさに驚かされます
b0177345_01243747.jpeg
津山で発掘されたヒゲクジラの
全身骨格の化石の展示もあります
b0177345_01243698.jpeg
は虫類両生類室では
世界最大のオオサンショウウオの標本や
冬眠後空腹でコイにかぶりついたものの
大き過ぎて呼吸ができなくなり窒息死した
オオサンショウウオの展示もあります
食べ過ぎ注意だよねぇ…

その他合わせて
計12室も展示室があるんですよ〜

ものすごい見応えがあり過ぎて
予定の何倍も時間がかかってしまいましたw
イヤイヤ、ほんとうにスゴいです
入館料以上のボリュームです
素晴らしいです!!

ただ
剥製に生気を奪われるような気持ちになりますw
疲れたぁああ……



by kiroku-mania | 2019-01-02 16:57 | たび | Comments(0)


カテゴリ
検索
以前の記事
最新のコメント
> アニカさん 今年も..
by kiroku-mania at 00:03
美味しそうなおうどんです..
by アニカ at 23:38
〉Kopuhanaさま!..
by kiroku-mania at 23:46
通りすがりにこんなお店見..
by kopuhana at 17:15
> kopuhanaさん..
by kiroku-mania at 23:07
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧