日々出会う美味しいもの可愛いもの楽しいもの
by kiroku-mania
カテゴリ:たび( 550 )
山陰海岸ジオパーク その②
昨日に引き続き
今日も山陰海岸です
キレイな海はどれだけ見てても
飽きませんね〜〜
b0177345_19451170.jpeg
「浦富海岸」です
左側に見える、ポコポコとした島のようなものが
菜種五島、というのだそうです
昔、難破した舟に積まれたいた
菜種が漂着して
春になると、菜種の花が咲くのだそうですよ
b0177345_19451194.jpeg
昔は、これらすべてが陸続きだったそうですが
海岸侵食のため、洞窟になり
やがて貫通して洞門となり
その洞門が大きくなるに伴って、上盤が崩落して
今の島になったのだそうです
b0177345_19451024.jpeg
キレイな海
昔はこの神秘的な色に包まれて
お魚と戯れていたんだなぁ・・・
なんだか遠い昔のことのようです
b0177345_19451078.jpeg
写真の左側にも
いくつか洞門がありますので
ココもいずれは崩落するのでしょうね・・・
b0177345_19451004.jpeg
もうひとつ、キレイな洞門が見られる
「千貫松島」にも行ってみました
ちょっとした山登りコースと
町の路地を抜けて行くコースとありますが
わたしたちは山の方から行ってみました
b0177345_19451073.jpeg
写真左側にあるのがわかりますか〜?
小さく見えますが
周囲50m、高さ25mあるのだそうです
江戸時代に
鳥取藩主2代目の池田綱清公が
船で島巡りをしたときに
「我が庭にこの岩つきの松を植えたものには銀千貫を呈す」
と言ったことから
この名がついたのだそうです
b0177345_19451088.jpeg
こちらは、町の路地から行った時に見える
千貫松島です
この角度では、せっかくの洞門が見えにくいので
少し山の方へ登ることをお勧めします
b0177345_19451127.jpeg
他にも見所はいっぱいあるのですが
時間の都合もありますので
今回はこれだけですが
まだまだ日本各地に沢山ありますので
また機会があれば
色々行ってみたいなぁと思います!



[PR]
by kiroku-mania | 2018-06-20 16:43 | たび | Comments(0)
山陰海岸ジオパーク その①
関西にお住まいのみなさま
地震の被害は大丈夫でしたか?

ものすごーく揺れましたよね!
ワタシは移動中のバスの中でしたが
なにかに乗り上げたのかと思うくらい
ゆっさゆさに揺れました
電車もずっと動かなくて
駅の車内で3時間半待ち続けて出社しました

家でも少しは物が倒れたりしてましたが
たいした被害は無くよかったです

余震もあるかも、だそうですので
みなさま、引き続き、お気をつけ下さいね!

さて、今日は
山陰海岸のジオパークの写真です

ジオパークってご存知ですか?
地球や大地を意味するジオと
公園を意味するパークを合わせたもので
地球を形作る地形や地層
そこにある植物や動物、さらには人間の文化まで
すべてをひっくるめて保護していこうという活動だそうです
b0177345_21090651.jpeg
日本でも、ユネスコに認定されたジオパークが
9地域あって
そのうちのひとつが
山陰海岸(鳥取、兵庫、京都)なのだそうです
b0177345_21081623.jpeg
ここは「田後公園」といって
あんまり観光客なども来なさそうな場所ですがw
ふらりと立ち寄ってみました
b0177345_21081883.jpeg
この鳥居をくぐると
石灯台があります
鳥取藩が運上米を藩の米倉まで帆前船を使って運ぶ際に
目印として使用されたものだそうです

そして、展望台が2箇所
b0177345_21090724.jpeg
自然の堤防のような地形に守られた
穏やかな湾内には舟が沢山泊まっていました
b0177345_21081702.jpeg
海もとってもキレイです
b0177345_21081815.jpeg
第二展望台の先から
浦富海岸の菜種五島も見えます
b0177345_21081797.jpeg
風も気持ちのよい静かな展望台ですよーー

このあと、山陰海岸ジオパーク
いくつか歩きましたので
また載っけますね!



[PR]
by kiroku-mania | 2018-06-19 16:07 | たび | Comments(0)
浜坂でカニを物色するの巻
松葉がにの水揚げが
さりげに日本で一番多いという
兵庫の浜坂へ向かいます
b0177345_00582581.jpeg
浜辺まで雪で真っ白です!
大量の雪というのは、スキー場と白川郷でしか見たこと無い
ワタシにとっては
とても新鮮な風景なのです
b0177345_00555689.png
海辺にも雪が積もるんだなぁ(当たり前だけど)
雪で白いビーチもキレイですね
b0177345_00582585.jpeg
おうちにお土産買えるかなぁと
港の近くにあるお店に行ってみました
b0177345_00555791.jpeg
「渡辺水産」さんです
カニ道楽ばりの大きなカニが飾られてますよ
b0177345_00555508.jpeg
今の時期はミズガニとよばれる
小さなカニが安くで沢山売られています
b0177345_00555641.jpeg
ミズガニは、脱皮した回数が少ない
まだ若い松葉ガニで
まだ身があまり詰まっていないのだそうですが
あっさりしていて、食べやすいんですって
特大のもので3000円くらいでした!
ほんとの松葉ガニだったら
特大だと15000円くらいするかも?ですので
お得なのかなぁ???
b0177345_00555690.jpeg
漁期は1月下旬から2月末までの
1ヶ月半程なんだそうです
すでに茹でられているものは
そのまま食べられるので楽チンですけどねぇ

ほんとにさんざん悩んだんですけど
さんざんお宿で
これでもか!という量の松葉ガニを食べたので
もういいんじゃないか、という気になってきて
結局買わなかった・・・w
b0177345_00555666.jpeg
個人的に一番気になったのは
釜茹でのせこがに1杯800円
あ、せこがにっていうのは
メスのカニで、だいぶ小さいんですよ
でもカニ味噌焼いたのとか
内子と外子のごはんとか
最高なのですよね

カニはやめてしまいましたが
お土産をいくつか買いました
b0177345_01183246.jpeg
浜坂名物のちくわを2種類
「よねとら」のと「オトノ商店」のものです
あと、試食してめちゃ美味しかった
"ししゃもわかめちゃん"
魚卵嫌いな私ですが、これはイケます!
わかめのコリコリと、ししゃものぷちぷちが相まって
これはほんと美味しいです!!
あと、かにみそ
渡辺水産さんのオリジナル商品だったそうで
普通のかにみそよりだいぶリーズナブルな印象
大変美味しかったらしいですよ!

さ、次回は、ココ、渡辺水産での
お昼ごはん、載っけますねぇ

夜も遅いので、おやすみなさいです✨



[PR]
by kiroku-mania | 2018-06-17 01:16 | たび | Comments(0)
七釜温泉にやってきましたよう!
まだまだ雪深い2月半ばのはなし
兵庫の浜坂から程近く
b0177345_17041218.jpeg
b0177345_21040021.jpeg
見えてきました
「七釜温泉」
ここが今回の旅の目的地になります
b0177345_17041256.jpeg
着きましたよぉおお〜〜
「安楽荘」さんです
まあ、あの、ご覧の通り普通の民宿です
(一応、旅館という名が着いてますが)
今回の旅のお宿はコチラです
b0177345_17041383.jpeg
廊下は一見キレイですが
老朽化は進んでますw
b0177345_17041206.jpeg
トイレ、お風呂、洗面台などすべて共同です
b0177345_17041330.jpeg
あなたの脊髄は正常ですか!
なぞのマッサージコーナー
不思議なベッドが置かれていますよ
色んな意味で怖くて試せなかったw
b0177345_17041303.jpeg
お部屋はこじんまり
こたつがほっこりする6畳間です
まあ、泊まるにはコレで十分なのですよ
b0177345_17041362.jpeg
タオルや、浴衣、タオルなどはきちんと常備です

お宿はまあこんな感じで
決して、豪華ではありませんが
温泉がなかなかヨロシイのですよ
b0177345_17041394.jpeg
浜坂温泉郷の温泉のひとつで
もっとも効能が高いといわれています
加水加温なしの源泉掛け流しです
b0177345_17041352.jpeg
安楽荘の先代が
このお湯に惚れ込んで、この場所に旅館を建てたのだとか
源泉成分は
ナトリウムやカルシウムを含んだ
硫酸塩高温泉
b0177345_17041322.jpeg
ものすごいポカポカになりますよ!!
ちょっと金気もありますかね
温度もちょうど良くて
とっても気持ちが良いお湯です

ただ
旅の真の目的は温泉ではありません!
続きは次回、ごちそう食べます♡



[PR]
by kiroku-mania | 2018-06-11 16:03 | たび | Comments(0)
湯村温泉ぶらぶら散歩 その④
ここのところ毎日
湯村温泉を載っけていますが
まあ、せっかくだから
温泉にもつかってみましょうよ、ってことで
b0177345_23002893.jpeg
湯村温泉「薬師湯」です
荒湯からも歩いて行ける、大きな共同浴場です
建物は風情がありますが、古くはありません
駐車場は広くて、利用しやすいです
b0177345_23002834.jpeg
入浴料は、500円程です
タオルや、シャンプーリンスなどは持参しましょう
ちなみに、うちは温泉セットはつねに車にセットしております
b0177345_23002855.jpeg
小さいですが、露天風呂もあります
ワタシは、ここんとはずっと
内湯派なので
あまり露天風呂につかりに行く事はありません
なんとなく温度が下がるのがイヤなんですよねw
b0177345_23002825.jpeg
内湯です
保養所のような雰囲気のお風呂w
ジャグジーが3つあります
一応、源泉掛け流しなのだそうです
どうなのでしょう

源泉は荒湯と薬師湯の混合泉で
塩化物、硫酸塩泉、炭酸水素塩がほぼ同じくらい
含まれているのだそうで
お肌がしっとりしますよ!

ただ、際立って
泉質が良い、とは感じられませんでした
良い意味でも悪い意味でも「普通」な感じです
一回行ったらまあ、気が済むかなw

さてさて
今日で湯村温泉はおしまい
明日からは新しい場所へ移動しましょう!



[PR]
by kiroku-mania | 2018-06-09 16:00 | たび | Comments(0)
湯村温泉ぶらぶら散歩 その②
兵庫・湯村温泉をぶらぶらする
第2弾です

せっかく夢千代像を見たので
b0177345_22282415.jpeg
「夢千代館」に行ってみました
正直、夢千代日記というのは
まったく馴染みがありません
どんなストーリーか、どんな役者さんが出てるのか
何も知らないですが
街全体が夢千代日記を大事にしているのは
伝わってきますので
行ってみましょう〜〜!!!
b0177345_22282457.jpeg
入口に入ってすぐ
おおまかなストーリーが書いてあります
いちお、一生懸命読んだつもりですが
読解力がイマイチなのか
あまり伝わってくるものが無く・・・
ネットであらすじ見た方がよくわかりますw

まあ、限られた文字数で、説明するのは難しいかもですが
あらすじ、もうちょっと考え直した方がよくないですかねw
b0177345_22282464.jpeg
吉永小百合さんが主演だったのですね
それはさぞかし人気も出たのでしょう
使用されていたという台本がありました
b0177345_22282401.jpeg
吉永小百合さんが着用していたという
着物も展示してあります
b0177345_22282418.jpeg
ドラマの中で出てきた、置屋「はる家」を再現したものや
昭和20〜30年代の街並を再現したものがあります
b0177345_22282414.jpeg
ちっちゃなテーマパークのようですね
b0177345_22282420.jpeg
二階は、昔のおもちゃで遊ぶことができるスペースや
昔の湯村温泉で芸者さんをしていたという方々が
実際に使用していたもので再現された
お茶屋さんなどもありますよ
鶴を折って広島に千羽鶴を届けるというコーナーもあります
b0177345_22282558.jpeg
主役の夢千代は
母親の胎内で広島の原爆を被爆した
胎内被爆者という設定から
平和を想う部屋、というのがあります
b0177345_22282310.jpeg
被爆の石の展示もあります

ドラマをご存知の方はもちろん
知らないワタシたちも
なかなか楽しめましたよ!
機会があれば
改めてドラマを見てみるのも良いかもですね



[PR]
by kiroku-mania | 2018-06-07 16:48 | たび | Comments(0)
湯村温泉ぶらぶら散歩 その①
冬のある日
またまた雪の積もる風景の中
車を走らせます
b0177345_21270688.jpeg
道路の端から水がぴゅうぴゅう噴き出し
凍結しないようになっています
時々、方向が狂ってるやつがあって
道路ではなく
車体めがけて噴き出してくるやつもありますw

旅の目的地はもっと先ですが
ちょっと寄り道
兵庫の「湯村温泉」に行ってきました!
b0177345_21270725.jpeg
なかなか風情ある街並で、とてもキレイです
b0177345_21270629.jpeg
湯村温泉でいちばん賑わっているのが
こちら「荒湯」になります
無料の足湯があり、みなさん楽しんでますが
ワタシはがっつりタイツ着用で、めんどくさくて入りませんでしたw
b0177345_21270753.jpeg
「荒湯」は、湯村温泉の源泉で
98度の熱湯が毎分470ℓも湧出しているのだそうです
b0177345_21270600.jpeg
囲いの中は湯けむりもうもうです
b0177345_21270727.jpeg
848年、源泉を発見したのは慈覚大師です
ほんとのほんとの源泉は
なんとこの慈覚大師の像の真下にあって
少しだけ見ることができます
b0177345_22502814.jpeg
この細かく仕切られてるものは
「湯壷」といって
玉子や野菜などを茹でることができるんですよ
b0177345_22502909.jpeg
せっかくなので、たまご
茹でてみましょう!
b0177345_21270751.jpeg
空いていれば、どこでも好きなところを使えます
b0177345_22530115.jpeg
ヨシ、茹でますよ!
12分目安です
あまり固過ぎない方が美味しいですもんね
b0177345_22530117.jpeg
ちなみに玉子を買ったら
ちゃんと塩もついてますよん!
b0177345_22530119.jpeg
うわぁああぁぁぁああ!
なんかめっちゃぷりんと剥けた!
可愛らしい〜〜〜〜
すんごいちょうど良い茹で加減!!
b0177345_22530170.jpeg
これはうまぁあああああ!!!
これまでいくつも温泉玉子を食べてきましたが
これは1,2位を争う旨さです!!
なんだろう〜〜
黄身がモチモチしてるんですよね!
玉子も良かったのかなぁ
最高でした!
b0177345_21270732.jpeg
古き良き温泉街、といった佇まい
とてものんびりした気持ちになれますね〜
b0177345_22530143.jpeg
湯村温泉を舞台にしたという
テレビドラマ「夢千代日記」
みなさん、ご存知ですか?
ワタシはまったく見たことが無いのですが
記念館のようなものもありましたので

また次回にでも載っけてみようと思います〜



[PR]
by kiroku-mania | 2018-06-06 16:26 | たび | Comments(0)
冬の花火を間近に眺める
毎年バレンタインは
相方と初めてデートしたお店でゴハンを食べ
当時の思い出話で盛り上がり
初心にかえる、というw
そんな過ごし方を続けてきました

そのお店は生駒山の中腹にあって
いつもその日に
花火が遠くに上がっているのが見えて
なんだか得したような気分になっていたもんです

昨年から
これまで見ていた場所が
冬期の間、閉鎖になってしまい
しょーもないスペースに強制的に押し込まれたので
もう(来店は)やめよう、ということに・・・

なので

今年は!なんと!
あの遠くから見ていた花火を
若草山で観る!ということになりました!
b0177345_21570147.jpeg
冬の夜の若草山
のぼったの初めてです
めっちゃくちゃ寒いじゃありませんか・・・
でも、奈良市内の夜景がキレイです
b0177345_21570277.jpeg
うわぁあああ〜〜始まりましたよ!
結構間近に見ることができます!
しかも、ちょっと下方に!
花火を上から、そして、間近に見られる機会
そんなにありませんよね!
b0177345_21570180.jpeg
とりあえずスマホですので
一眼レフのようにキレイではありませんが
なかなか良い感じに撮れたのを
少し載っけたいと思います!
b0177345_21570111.jpeg
すこし地味ですかねw
夜景を背景に上がるので
肉眼ではもっと美しいですよ!
b0177345_21570185.jpeg
ぱぁあああああぁああ!!!
めっちゃキレイ!!
b0177345_21570129.jpeg
ほどよく雲も流れて
空気も澄んでいるので
冬の花火はやっぱりキレイですね!
b0177345_21570140.jpeg
b0177345_21570200.jpeg
わざわざお金を払って
ドライブウェイにのってこないといけないせいか
そこまで人も多くなく
とてもゆったりと見ることができましたよ!
b0177345_21570133.jpeg
もう、来年もココにしようねってことになってますw

あ、恒例のチョコレートw
b0177345_22414907.jpeg
悩みに悩んだ今年・・・
「ブルガリ イル チョコラート」にしてみました
例年→参考までに
わりとお値段かかっておりますが
一粒当たりの値段でいうと断然コレが高い
箱も、服飾雑貨の様相w

以前か何かで見て
ブルガリのチョコって美味しいんかなぁ?
と言っていたので
試してみることにしましたw
b0177345_22420087.jpeg
うわぁああああああなんかもう
チョコっていうより装飾品って感じw

左から
ブルガリ・ブルガリ ローズストロベリーとバルサミコ酢
抹茶と塩
ブルガリ・ブルガリ ピスタチオ
オレンジ
フルーツとリコッタチーズ

てか、ネーミングからして
ブルガリアピール、ハンバ無いw
b0177345_22414926.jpeg
まあ、美味しいけど・・・
正直よくわからなくなってきたw

ある程度の値段過ぎたら
ここまで単価あげなくても
どれもちゃんと美味しいし
来年からは高級チョコはやめようかという
話になってしまったw

まあ、来年は来年でまた考えますw

・・・・・・

いつもこの日が来るたびに
一緒に居られる毎日を
当たり前のことと思わず
感謝の気持ちを持って、大事に過ごそうって
改めて思います

優しい優しい相方に
感謝の気持ちでいっぱいです
いつもほんとに
ありがとう

そんでもって
相方だけじゃなく
母とか姉とか友達とか親戚とか
大切なみんなに
ありがとうとかちゃんと伝えなきゃなって
思っております



[PR]
by kiroku-mania | 2018-06-05 15:56 | たび | Comments(0)
雪の白川郷からおうちへ帰りますよ
数日に渡って載っけてる
白川郷への日帰り旅
なんせ往復10時間近くかかりますので
ぼちぼち帰らないと
日帰りできませんw

降り出した雪のせいか
時間帯のせいか
高速道路は大渋滞・・・
b0177345_23264062.jpeg
ひるがの高原SAでリフレッシュ休憩です
入口が通れるように雪かきしてある為
脇の雪が人の背丈よりも高くなっていますね!
b0177345_23264098.jpeg
ちょこっと買い食いです
いかにも岐阜らしいメニューが掲げられています
b0177345_23264046.jpeg
相方チョイスは、"けいちゃん唐揚げ"
岐阜の郷土料理である鶏ちゃんを
唐揚げにしたものです
b0177345_23264180.jpeg
しっかり下味がついているので
美味しいに決まっていますね

その後
たった3km程の道のりを1時間半かけて進みました
渋滞のお供はコレ
とはいえ、3分で完食ですけど・・・
b0177345_23264099.jpeg
"ひるがの高原ミルクプリン濃厚"
濃厚と銘打ってるだけあって
確かにミルクの風味がとても強くて
美味しかったですよ
b0177345_23264088.jpeg
まああ、なんとかその日中には帰れましたよ!
日帰りでもまあ、行けますけど
やっぱ泊まりでゆっくりがいいかなw

相方は運転ばかりでだいぶ疲れたでしょうけども
とっても楽しかったです!!
雪の白川郷
行けて良かったなぁー

というわけで
〆は岐阜土産です
b0177345_23264085.jpeg
岐阜県が誇る名産品、"明宝ハム"
材料に国産の豚肉を使用し
添加物や保存料を極力使わずに作られています
しかも、ほぼ手作業で作られるため
通常のハムやソーセージに比べ
1日に作られる数が非常に少なく
幻のハム、と呼ばれることもあるそうです

とはいえ、岐阜周辺ではよく見かけますw
ですが細い方は初めて見ました!
b0177345_23264192.jpeg
明宝ハムは、プレスハムといって
豚肉の塊を加熱処理して固めて作られたハムで
ものすごく、密度が濃く
ソーセージよりもぎゅっとした食感です
まるでお肉を食べているような贅沢な味です
焼かずにそのまま食べることもできます
美味しかった!!!



[PR]
by kiroku-mania | 2018-06-01 16:26 | たび | Comments(0)
雪の白川郷はキレイ過ぎてビックリなのだ その2
昨日も載っけてました
雪の白川郷 第2弾です!

今日は、白川郷の中でも
いちばん大きな合掌造り
「明善寺」をご紹介です
b0177345_22120186.jpeg
これは、おとぎ話の中なのか??と
錯覚してしまいそうな風景です
なんて美しいのでしょう!
ほんとうに、素晴らしいです!!

この写真の建物の中の一番右側
一際大きい建物が、明善寺庫裏です
b0177345_22120223.jpeg
というか、看板が雪に埋もれ過ぎですw
ほんとうに雪深いのですね
b0177345_22160497.jpeg
明善寺鐘楼門です
茅葺きの屋根の鐘楼は珍しく
いかにも白川郷らしいですね
鐘が二階についています
b0177345_22120368.jpeg
庫裏の内部で、今は郷土館になっています
中もとっても広いです
庫裏は、築200年以上
江戸末期のものだそうですが
明善寺の本堂は、なんと270年以上だそうです
本堂とは渡り廊下のようなものでつながっていて
拝観もできますよ!
b0177345_22120255.jpeg
明善寺庫裏の窓からの眺めです
ちなみに
明善寺には、今もご住職が住まれていますよ
和田家もそうでしたが
居住スペースが同じ建物内というのも
きっと落ち着かないことだと思いますが
見学させていただけるというのは
ありがたいことですね
b0177345_22120369.jpeg
囲炉裏に火が焼べられています
とっても煙たいですがw
煙がもくもくと天井に上がって
ヤニとススで真っ黒になっていますが
塗料のように萱や木材に付着し
雨水による浸水や害虫から
建物を守っているのだそうです
b0177345_22120180.jpeg
ほんとうに素晴らしい風景ですね
ライトアップイベントが
雪の時期に数回だけありますが
それもまた素晴らしいでしょうねぇ
b0177345_22120225.jpeg
さ、またちょっと休憩ですw
b0177345_22120174.jpeg
"五平餅"〜〜〜!
もんのすごい煙がもうもうしてるお店ですが
恐ろしいくらい愛想がなかったですw
観光客相手にイヤイヤ仕事してるのでしょうかね
味ももひとつ・・・
b0177345_18104217.jpeg
とてもキレイな風景の中、散策するのは
とても楽しいですが
と同時に
自分の町の中を
これだけの見ず知らずの人がドカドカ歩き回る気分って
決して良くはないのだろうな、と思ったり
b0177345_22160499.jpeg
産業が観光に依存していきているそうですが
それも致し方ないのかな
この先、どうなってしまうのでしょう?
テーマパーク化は避けられないのでしょうか
b0177345_22120271.jpeg
木にお水をかけたんでしょうかね?
まるでアートのような様相です
b0177345_22155836.jpeg
もこもこふわふわ
生クリームの様相です
b0177345_22155958.jpeg
日本昔ばなしのような風景だなぁ
b0177345_22120190.jpeg
色々書きましたが
雪の白川郷
とってもとっても美しいです

来て良かったな
ほんとに

とってもとっても素晴らしいですよ



[PR]
by kiroku-mania | 2018-05-30 16:11 | たび | Comments(0)


カテゴリ
検索
以前の記事
最新のコメント
アニカさんこんばんわぁ〜..
by kiroku-mania at 22:53
こんばんは。手作りのブル..
by アニカ at 00:45
アニカさん〜〜! お祝..
by kiroku-mania at 11:47
キャー)^o^( キロ..
by アニカ at 12:55
アニカさん、こんにちは!..
by kiroku-mania at 23:01
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧