日々出会う美味しいもの可愛いもの楽しいもの
by kiroku-mania
吉良川のまちなみを散歩する
高知で初めて
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された
吉良川町

近くを通ったので
ぶらぶらお散歩してきました
b0177345_23070657.jpeg
土佐漆喰を使った白壁と
台風等の強い雨風から
町家を守る為につけられた水切り瓦が
特徴的な外観の建物
素敵な風景が残されていましたよ〜
b0177345_23070697.jpeg
この壁の小さな屋根のようなものが
水切り瓦です
確かに直に壁に雨が当たらない仕組みですよね
コレをつけることによって
10年以上は長持ちするようになったのだそうです!
b0177345_23070660.jpeg
こちらも、室戸ならではの独特な風景
「石ぐろ」と呼ばれる塀です
b0177345_23070691.jpeg
強風から家を守る為に
川原石や浜石を積み上げて作られた塀なのですが
機能性以上に
そのデザイン性の高さにビックリしました!
b0177345_23070658.jpeg
半割りの楕円形もしくは円形の石がずらり並んで
めっちゃ可愛くないですか〜〜?
b0177345_23070643.jpeg
好きだなぁ、この塀
b0177345_23070535.jpeg
その昔は
良質な木炭と薪が取れることから
土佐備長炭の積出港として栄えた町だそうですので
商家や蔵等、立派な建物が多く建ち並んでいます
b0177345_23070774.jpeg
この可愛い建物は
「熊懐家住宅」で1922年頃に建てられたそうです
のちに、吉良川郵便局として
1965年まで使用されていたのだそうです

この写真ではあまりよく見えませんが
屋根の上の鬼瓦には
なんと〒のマークが入っているんです!

そんなこんなで
レトロ楽しい街並です
懐かしいパン屋さんも見つけましたので
次回、ご紹介しますねぇ



[PR]
# by kiroku-mania | 2018-11-22 16:07 | たび | Comments(0)
☆5☆
室戸のお宿
大満足の夜ゴハンから一夜明け
待望の朝ごはん

カフェや喫茶店のモーニングも
ホテルや旅館の朝ごはんも
朝ごはん、大好きなのです!!!
b0177345_18111062.jpeg
朝ごはんは、こんな感じです
さりげないメニューだけれど
どれもしっかり美味しい
贅沢な朝ごはんです

ちなみにパンかごはんか選べます
b0177345_18111187.jpeg
アジの干物は
焼き立てでふっくらやわらか
しみじみ美味しい♡
b0177345_18111143.jpeg
たまごは
高知のブランド卵・土佐ジロー
結構お高いのですが
味が濃厚で美味しいんですよねぇ〜〜
b0177345_18111097.jpeg
じゃこと合わせても最高です✨
大満足!!!

さて
今回のお宿ですが
b0177345_18111113.jpeg
こちらでした
b0177345_18111090.jpeg
お部屋はこじんまりしていて
決して豪華ではありませんが
とても清潔で
お掃除も行き届いていて気持ちよいです
b0177345_18111193.jpeg
部屋からは海が見えます
b0177345_18111107.jpeg
夕日も素敵です
b0177345_18111124.jpeg
うわぁあああ〜焼けてきたぁ
ピンクの夕焼け
ロマンチックだなぁああ!

また必ずや
遊びにきたい、もとい、ごはん食べに来たい
最高のお宿でした
星5つ〜〜〜〜!!!!!
☆☆☆☆☆



[PR]
# by kiroku-mania | 2018-11-21 16:40 | たび | Comments(0)
空海が悟りを開いた海蝕洞が今も残っています
日本人なら誰でも名前を知る偉人
弘法大師(空海)

ワタシはブログを始めるずっと前に
信仰していた訳ではなく、単なる興味本位なのですが
なぜだか密教のディテールにハマって
ちょこっと勉強してたことがありまして
なんでやねんって感じですがw

少なからず
その名には反応してしまう
若かりし日の名残

そんな
弘法大師が悟りを開いた場所が
なんと室戸にあるのです!
すげーすげー
b0177345_17263845.jpeg
「御厨人窟」
みくろど、と読みます
窟は2つあって
両方で「御蔵洞」みくらど、と呼ぶ
という話もあります

今から1200年前
難行苦行をを重ねて
虚空蔵求聞持法を修められて
あの、三教指帰の悟りを開いたと伝えられる
海蝕洞なのです
b0177345_17263750.jpeg
向かって左が
「御厨人窟」
こちらで生活をされていたそうです
昔は中に入れたそうですが
今では入れません
ちなみに中には五所神社というお社があるのだそうです

なんでも、中で聞こえる波の音は
日本の音風景百選に選ばれているそうですが
聞けないし!!!
b0177345_17263828.jpeg
右側は「神明窟」といって
修行をされていた、と言われています
b0177345_17263700.jpeg
修行中に悟りを開き
そのとき
口の中に明星が飛び込んでくるといった
神秘的な体験をし
この場所から見た
空と海だけの景色に感銘を受けて
名前を空海、と名乗るようになったのだそうです

ただ
空海が修行をしていた頃は
このあたりは、もっと海に近く
波打ち際にあったのだそうです

巨大地震に伴って
土地が隆起して
その当時よりも約5m程海抜が高くなったそうです

なので
今見える景色と
空海さんが見た景色は
また違うものなのですね
b0177345_17263792.jpeg
御朱印です〜
ありがたいです

歴史上の偉人の息吹を感じられる場所
ワタシは好きです
みなさまも
室戸に来たら是非どうぞです〜



[PR]
# by kiroku-mania | 2018-11-20 16:26 | たび | Comments(0)
ごはんが旨過ぎて、内緒にしたい室戸のお宿
今回の室戸のお宿は
……
内緒にしておきたい
それぐらい
ごはんが激ウマ!!!
なのに安い!!

ワタシはもう
高知に来たら
絶対またここに泊まりたい
っていうか
ここに泊まりに高知に来たい
そう思っています
b0177345_16383958.jpeg
夜ゴハンです〜〜〜!!
スゴいでしょ〜〜〜!!!
ほんっとに海の幸が盛りだくさんで
アドレナリンが大放出
b0177345_16383919.jpeg
お刺身が沢山食べたかったので
追加¥3000でお願いしました
1人¥1500としても、1泊2日で¥8900は安い!
ちなみに、写真のお刺身は2人分ですよ!
この量、1人では食べられませんw

コチラのお宿は、良い魚が入った時だけ
こういう希望も受け付けてくれます
予約時に
もし良いお魚が入らなかったら追加分はやらないからね、と
言われていましたので
ちゃんとあって嬉しい〜〜〜✨
b0177345_16383993.jpeg
お刺身のお皿①
高知に来たら、絶対食べたい
大好物の、はがつお
いせぎ、ほうぼう、鯛
b0177345_16384023.jpeg
お刺身のお皿②
かつお、あかむろ、もんずまの子供
いせぎも、あるかな

とにかく、まぁあああ〜〜〜
新鮮でめっちゃくちゃ美味しいんです!!!
高知特有のこの大きくて分厚い切り身!
お口の中いっぱいにお魚の美味しさが広がる〜〜〜♡
どれもこれも悶絶級の旨さ✨

初・はがつおだった、相方も
やっぱりハマってました!
鬼のように美味しいわぁああ
b0177345_16383944.jpeg
お刺身以外だって、抜け目無い美味しさ
奥の白い身の小鉢は
まんぼうを炊いたの
そして、キュウリの酢の物
いわしの酢〆

味付けがどれもちょーどいい
どれもおうちの常備菜にして、毎日食べたいよ
b0177345_16384071.jpeg
奥は、これも高知ではよく食べられる
イタドリの炒め物
食感も楽しくて大好きなんですよねぇ〜

左は、まぐろのワタラー油
とこぶし、と右の貝はなんだったかな…

ワタラー油はごはんが止まらなくなる
ダイエット中には危険な食べ物w
とこぶしは柔らかくて、別にあわびなんかいらない〜って
思っちゃうぐらい美味しいのです
b0177345_16383969.jpeg
焼魚は、なんと
ホウボウです
皆さんはホウボウはご存知ですか?
羽のような鮮やかなヒレを持ったお魚なんです
あまり食べたこと無かったですが
上品は白身でとっても美味でしたよ!!
b0177345_16383905.jpeg
そして
左側は
いとよりのすり身と、室戸海洋深層水の青のりの天ぷら
右側は、アシタバの天ぷらです
揚げたて、うまぁあ!!
いとよりのふんわり柔らかいこと!!
b0177345_16383921.jpeg
そして、これは珍しい
あかうみがめの煮物です
ちゃんと水産庁の許可を取ってあるものです!
臭み等まったくなく、とても美味しいです!

ほんっとに美味しかったぁあ
やっぱ高知の魚は最高です!!!
室戸はちょっと遠いけど
またこの宿のごはんのために
遊びに来たいです!

宿の名前は言わないのかよ、って

言いませんw

答えは後日!
朝ごはんの巻で!!



[PR]
# by kiroku-mania | 2018-11-19 16:37 | たび | Comments(0)
室戸ジオパークセンターでお勉強、そしてフィールドへ!
最近ブログでたびたび書いている
「ジオパーク」です
b0177345_22435235.jpeg
ジオパークとは、とネットで調べると
色々な言葉で語られていますが
要約すると
「地球・大地」のジオ:Geo と
「公園」のパーク:Park を組み合わせた言葉で

地球活動が生み出した地形や地層、化石、岩石
大地の上に広がる動植物や生態系
人間の営みである文化や産業、歴史
すべてを合わせてジオパークというのだそうです

あちこちのジオパークには
だいたい資料館的なものがあるのですが
室戸にもあります!
b0177345_22435234.jpeg
「室戸世界ジオパークセンター」
素晴らしいことに
入場料無料!駐車場無料!
なんの躊躇も無しに、ジオパークのことを学べます!
b0177345_22435246.jpeg
入口にも、ジオパークとはなんぞや
という説明がありますね
施設はとてもキレイで
誰にでもわかりやすく丁寧な説明がされています
b0177345_22435333.jpeg
室戸で見られる岩石の種類なども
実際のものと合わせて展示されています
b0177345_22435310.jpeg
室戸の石の出身地
どれも顕微鏡で詳しく観察することが出来ます
これがなかなか楽しくて
つぎつぎ見てしまいます!
b0177345_22435363.jpeg
室戸のまわりの海溝の深さを
3Dメガネで見ることが出来ます!

その他も楽しい展示が色々です
文章しかありませんでしたが
個人的には
窓から見える水平線までの距離を計算する方法と
あとは
生痕化石の説明がとても面白くて
実際に実物を見てみたくなりました!
b0177345_22435271.jpeg
館内にはお土産屋さんやカフェなども併設されていて
とても使い勝手が良いんです

なんと
ジオカフェ限定!
"ジオソフト"なるものを発見
b0177345_22435274.jpeg
まっくろなのです〜

土佐備長炭と
海洋深層水の塩が配合されてるそうです
なかなか美味しかったですよ!
おすすめです!
b0177345_23105396.jpeg
早速、先ほど勉強した
生痕化石を見に、車を走らせます!
目の前には
室戸独特の隆起した台地が見られます
b0177345_23105332.jpeg
到着したのは、「平尾海岸」です
道の駅キラメッセ室戸のすぐ近くです
b0177345_23105292.jpeg
ここでは、タービダイト層が見られます
先日も書きましたが
→参考までにコチラからどうぞ
砂岩と泥岩がつくる縞模様のような地層です
b0177345_23105236.jpeg
こういう地層では
「生痕化石」がよく見られます
生痕化石とは
海底で生物が動いたあとの化石です
面白いですよね!
生物そのものではなく、うごうごしたあとが
化石になるなんて楽しいです
b0177345_23105355.jpeg
ただねぇ…
説明通りの場所とか、そうでない場所とか
めっちゃ探したんですけど…
全然見つからないんですよねぇ
b0177345_23105382.jpeg
ぱきぱき幾何学的に割れている岩など
楽しい場所ではあるんですが…
肝心の生痕化石はどこに…
現地に説明とかが全然無いんですよねぇ…
b0177345_23105307.jpeg
日暮れ…
タイムアップです〜

その他、行当海岸や、羽根岬などでも
生痕化石も見られるそうですが断念です…

でも風景もキレイで
楽しかった!!
みなさまは是非、生痕化石見つけてみてください!



[PR]
# by kiroku-mania | 2018-11-18 16:43 | たび | Comments(0)
野根まんぢうを買う
高知市から遠く120kmも離れた
「野根」という町に
土佐の名物饅頭があるんです
みなさまご存知ですか?
ワタシは、全然知らなかったです!

その名を"野根まんじゅう"
といって
江戸時代には
土佐藩主の山内容堂公も
参勤交代に出る際に買い上げたと言われていますし
あの坂本龍馬や中岡慎太郎も上洛の際は
野根に寄って食べたという
歴史ロマン溢れるお饅頭!!!

まあ、全部後から知ったことですがw
偶然通りがかったので
たまたま寄ってみたのです
b0177345_21593990.jpeg
高知・野根「福田屋」さん
とっても小さな店舗ですが
昭和25年には天皇陛下四国巡行の時に
こちらの野根まんぢうが献上されたのだそうです
b0177345_21593907.jpeg
"野根まんぢう"
まんじゅう、じゃないのです

後から知りましたが
野根まんじゅうのお店としては
濱口福月堂さんの方が歴史が古く、明治の創業らしいです
こちらは創業大正7年

なんと大阪に出店しているのだとか…
そして、大阪では色々売られているのに
野根では、真空パックのみ
これは残念です
せっかく発祥の地なのだから
普通の出来立ても置いてほしいところです
b0177345_21593918.jpeg
北海道産小豆を
皮をむいて漉したものを水で晒し
ザラメを加えて10時間かけて作られているそうです
薄皮は
小麦粉・上白糖、卵白を濁り酒で練り上げたものだそうです
b0177345_21593999.jpeg
小ぶりな酒饅頭ですね
真空パックでおそろしく日持ちがしますが
そういうパック物独特のガスっぽい味というか
日持ち満点な味がしますw

真空パックでない、できたてが美味しいんでしょうね〜
そんな
坂本龍馬や中岡慎太郎達が食べたような
本物の野根まんじゅうが食べたいなぁ〜



[PR]
# by kiroku-mania | 2018-11-17 16:59 | あまいものとおやつ | Comments(2)
室戸岬に来たら絶対見ておきたいのはコレ!!!
室戸岬といえば
ユネスコの世界ジオパークにも選ばれていて
地史や地質現象がよく見られる地質遺産。

奇岩・巨岩などが見られる海岸線が注目されていますが
実は
ワタシがいちばん感動したのは
コレでした!!!
b0177345_21372869.jpeg
「アコウ」です!

温暖な地域に生息する樹木で
なんとこのすべての枝や根は
1本の木から伸びているものなのですよ!!!
b0177345_21372936.jpeg
比較対象として人間が写ってるものを
ワタシですけども…
根元から3メートル程手前に立っていますが
この広がり!この大きさ!
これが1本の木から伸びているなんて
ほんとうに驚きです!!
全体を写真に収めることができません!
b0177345_21372921.jpeg
気根は、岩などを巻き込むように伸びています
別名で締め殺しの木、というのだそうです
ものすごい生命力を感じますね!

今にも枝や根が動き出して
ぎゅううううと締め上げられそう…
b0177345_21372840.jpeg
なんとなく、知性さえ宿っていそうな雰囲気です
とっても神秘的で
物語の世界の入り込んだような
とても不思議な気持ちになるのです
b0177345_21372822.jpeg
ちなみに、場所は中岡慎太郎像から
遊歩道を入ってすぐのところです
森の奥かと思いきや
意外と道路からすぐでビックリします
海岸の方からは
案内が少ないのですこしわかりにくいです
b0177345_21372865.jpeg
遊歩道の奥には
もう少し小さなアコウの木もあります
こちらも1本の木から成っているのだそうです

奇岩・巨石だけでなく
これを見るだけでも
室戸岬は素晴らしいところだとわかります

アコウの木、必見です!!!



[PR]
# by kiroku-mania | 2018-11-16 16:37 | たび | Comments(12)
室戸岬を散策
ハイ!
今日は高知のはなしです!

ダイビングやともだちと遊んだりするので
柏島や足摺方面には
何度も行ったことがあったのですが
室戸は初めて

ユネスコの世界のジオパークにも選ばれている
楽しい海岸線をお散歩してきました
b0177345_22170734.jpeg
明治維新の勤王の志士
「中岡慎太郎像」も見つめる室戸の海ぜよ
(テキトーな高知弁)
b0177345_22170700.jpeg
灌頂ヶ浜だったかな〜
月見ケ浜など、キレイな浜辺が沢山あります
もちろん海もキレイです!
b0177345_22270306.jpeg
「子授の岩」です
この岩の上部に向かって小石を投げ上げ
そのまま落ちてこなければ
子供が授かると言われているそうです
普通にやっても落ちてこないですw
b0177345_22170767.jpeg
室戸は、弘法大師ゆかりの地です
たくさんの伝承が残っていて
こちらは、「目洗の池」
弘法大師がこの池の水を加持して眼病を治した
と言われています

今この水で目を洗ったら
確実に病気になりそうな感じですねw
b0177345_22170655.jpeg
室戸の海岸で多く見られる
「タービダイト層」です
地震等で、砂や泥が混ざりながら
海底の斜面を流れて、深い海に運ばれる過程で
重い砂が下に、軽い泥が後に積もる
それを繰り返すことで、出来上がった地層のことです
この写真は
今から約1600万年程前に深海でできた地層が
盛り上がって、80度から90度回転して
陸上にあらわれてきたものです
b0177345_22170728.jpeg
ミルフィーユ状になってるのが
砂と泥の地層ですね
すごい形になっています
b0177345_22272584.jpeg
これは、「ビシャゴ岩」
約1400万年前、マグマが地層に入り込んで
固まったとされる、班レイ岩で出来ているそうです
地殻変動で、ほぼ垂直に回転して
今の形になっているのだそうですよ
b0177345_22170690.jpeg
また別の角度から見たビシャゴ岩です
とっても大きいんですよ〜
おさごさん、という絶世の美女にまつわる
伝説もあるのです

なんでも
あまりに美しさに
多くの男たちが朝に夕に愛を求めてくる
その煩わしさに耐えかねて
美女が生まれないように祈りながら
岩頭から投身した、と言われています

でも読んだ説明の結びが
「その願いも空しく、その後も
室戸にはたくさんの美女が生まれています」
とあります
b0177345_22170601.jpeg
これは「弘法大師行水の池」
1200年ほど前
修行をしていた洞窟が近くにあるのですが
(また近々載っけますねぇ)
その際に、行水に来られていたそうです
b0177345_22170735.jpeg
奥の壁にある、くぼみの上部に
波打ち際に住むヤッコカンザシの巣の化石が残っているそうです
その巣は、今から約2700年〜1000年前に作られたもので
当時は、今より
波打ち際が5m低かった、ということになります
逆に言うと
巨大地震で室戸岬は約5mも盛り上がったのだそうです
b0177345_22485845.jpeg
これは、大きな「ポットホール」です
岩石の窪みや割れ目に入った小石が
波により渦に巻かれて
岩を削ることによって出来る丸い穴です

小さなものはよく見かけますが
これは1m程もあって、とても大きいんです
b0177345_22485893.jpeg
これは、「タフォニ」といって
海水が岩に付着した際に
水分の蒸発とともに塩が結晶して
その結晶が大きくなると
その圧力で岩に割れ目ができ、だんだん大きくなって
穴があく、という仕組みだそうです
b0177345_22485828.jpeg
これは「ホルンフェルス」といって
なんと、岩のやけどの痕なのだそうです!!
1000度を超えるマグマが
泥岩や砂岩の地層に入り込むと
性質が変化し固くなるのだそうです
b0177345_22593792.jpeg
ちなみに
「エボシ岩」付近には
落石があったようで、近づけず…残念
b0177345_22593826.jpeg
コレ!面白いですね!
「天狗岩」というんですが
ほんとヒトの横顔のように見えますね!!

とにかく、まあ
見所いっぱいで
丁寧に見て回ったら、もっと色々あるんですが
あまりに暑くて…
これが限界でしたぁああああぁうぅう

室戸岬は他にも見所いっぱい
実は、とっても素敵な場所にも行ってきました!
また明日、載っけたいと思います!!



[PR]
# by kiroku-mania | 2018-11-15 16:16 | たび | Comments(0)
コレ、ずっと食べたかったのよぅうう
夏の盛り
行ってきましたよ〜〜〜!!
b0177345_18235479.jpeg
瀬戸大橋を渡って
四国上陸!
そのまま、大好きな高知県へ〜!!
b0177345_18235516.jpeg
以前はダイビングをしていたので
柏島、そして、足摺岬が中心でしたが
今回は初めての室戸です!
b0177345_18235568.jpeg
室戸に来たら
是非是非食べてみたいものがありました!
旅の最初は
そんな一品!!
「料亭 花月」さんでいただきます!
b0177345_18235584.jpeg
出ましたぁ〜〜〜〜!!!
"室戸キンメ丼"
なんと見目麗しい丼なんでしょう!!!
ほんっとに100点ですね!

金目鯛のアラのお吸い物付き
これで1600円です
b0177345_18235597.jpeg
室戸は金目鯛の漁獲量が西日本でいちばん
そして漁場が近いので、鮮度が良いのが魅力です
そんな室戸のご当地丼は
室戸産金目鯛の照焼き
室戸産の新鮮な魚のお刺身で構成されています

この日の地魚は
大好きな、はがつお!!
そしてかんぱち、もちろん金目鯛ものっかってます
お米も室戸産なのだそうですよ

美味しい♡♡♡
やっぱり高知の魚は最高です
b0177345_18235545.jpeg
良い頃合いで
金目鯛の出汁でお茶漬けにします
b0177345_18235504.jpeg
ぐはぁあああああああ
旨いに決まっている

ずっと前から
食べたいって思ってたから
めちゃ幸せでした

しばらく、高知旅、続きます
美味しいさかな、時々、観光
てんこ盛りですよ〜



[PR]
# by kiroku-mania | 2018-11-14 16:23 | そとごはん | Comments(0)
グルメ友達オススメのミンチカツを食べに
超味覚の持ち主で
とっても食いしん坊で、とってもグルメな
ワタシの友達が
以前からオススメしてくれていた
ミンチカツを求めて
b0177345_17481682.jpeg
三重・四日市「川市」さんへ
こちら老舗のお肉屋さんなのです
b0177345_17481511.jpeg
美味しそうなお肉が並んでいますが
今日のお目当ては
ミンチカツなんです!!
b0177345_17481576.jpeg
揚げ物メニューも充実しています
注文してから揚げてくれます
b0177345_17485915.jpeg
せっかくなので
ミンチカツ以外のものも買ってみました
b0177345_17481686.jpeg
お目当ての"ミンチカツ"
1個150円です
b0177345_17580992.jpeg
お肉の旨味が濃い〜〜
衣は少し厚めですかね
少しスパイスがきいていて、美味しいです
b0177345_17481699.jpeg
こちらが、"北町コロッケ"
1個130円でコロッケとしてはお高目です
お店があるのが、北町、というところなのです
普通のコロッケもあって、それより60円高いのですが
こちらが、おすすめとのことでした
b0177345_17484654.jpeg
ほくほく〜〜
甘い味付けで美味しいです
お肉の旨味もしっかりしています

ワタシ的には
朝日屋さんのミンチカツの方が美味しいのかな
と思ったりしますが
→朝日屋さんのはなしはコチラ
日にもよるのかな〜
それか、オススメしてくれたのがずっと前だからかな〜
ワタシより友達の方が舌が確かなので…w

今回はコロッケが気に入りました
前に載っけていた
なが餅屋さんのすぐ近くですので
お出掛けの際は、併せてどうぞです〜〜!



[PR]
# by kiroku-mania | 2018-11-13 16:48 | あまいものとおやつ | Comments(0)


カテゴリ
検索
以前の記事
最新のコメント
有難うございます!お返事..
by アニカ at 18:39
> アニカさん 送りま..
by kiroku-mania at 18:33
失礼しました。許可しまし..
by アニカ at 18:24
> アニカさん I.D..
by kiroku-mania at 18:17
> アニカさん おっし..
by kiroku-mania at 10:05
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧