人気ブログランキング |

日々出会う美味しいもの可愛いもの楽しいもの
by kiroku-mania
新しくなった!KEY TERRACEに泊まったよぉお〜!③八咫編
最近、続けて載っけている
「白浜キーテラス」
ついに日本語表記のみにしてしまいましたが
ダサさ加減は大丈夫でしょうか

こちら、流石の大型ホテルですので
レストランなどのお食事処も沢山あるんですよね
その中から
相方が予約してくれたのはコチラ
b0177345_19551008.jpeg
「すし 八咫」です
一旦外に出て、別館まで行かなければいけませんが
コチラも、キレイに改装されています
「いけす円座」も同じ建物内にあります
b0177345_19553686.jpeg
入口すぐには、お釜さんがズラリ
本当にごはん炊いてるのかな〜
b0177345_19554145.jpeg
「すし 八咫」は
オーシャンビューのカウンター席
ちょうど夕焼けの時間で、とてもキレイでしたよ〜

お寿司は目の前で職人さんが握ってくれます
b0177345_19560985.jpeg
まずやってきたのは
"あわびの踊り焼"
まだグルグルと動いているアワビに
ワインをかけて、蒸し焼きにしてくれるんですよ
焼き上がるまではお寿司などなどいただきましょう!
b0177345_19561735.jpeg
コースに付いている
"まぐろ時雨煮"
見た目は地味ぃな感じですが、美味しいです
白ご飯が欲しくなる味ですね
b0177345_19562614.jpeg
お次は、"タイの姿造りとビンチョウマグロのお造り"
美味しいですよぅ
身がプリプリで、弾けるような弾力
ビンチョウの呼び名については、後ほどw
b0177345_19563074.jpeg
姿造りなので、いちお姿も載せておきますw
b0177345_19570282.jpeg
お寿司、始まりました
まずは"たい"
柚子胡椒のジュレでいただきます

お寿司は、ごはんネタ共に
小ぶりなサイズですね
ちょっと物足りないような気もしますが…w
b0177345_20165669.jpeg
"アオリイカの炙り"
甘くて香ばしくて、美味しいです
すだちが絞ってあるので、爽やか
b0177345_19571221.jpeg
"めじろ"というのだそうです
なんでも、ハマチとブリの間なんだとか
地域で呼び名が変わるので、難しいですね
これは、玉ねぎ醤油でいただきます

なんしか
ブリとか大好きなのです♡
生魚の中で、一番好きかもしれんくらい
b0177345_19572092.jpeg
これは地元・勝浦産の"ビンチョウマグロ"
ビンチョウ、と言うことも多いですが
標準和名はビンナガが正解なんですよね
でも、まあ、板さんがビンチョウって言ってたので
今日はそれで行きましょうね
b0177345_20252241.jpeg
"茶碗蒸し"です
和歌山らしく、梅の餡がかかっています
中には、スタンダードに海老や鶏肉、銀杏入り
b0177345_20252986.jpeg
こちらも地物だそうです
"一口鮑"
一瞬トコブシなのかと思ったけど
その身の豊潤さが、小さくてもアワビですね!!
すだちでさっぱりコリコリ
b0177345_20253643.jpeg
そうこう言ってるうちに焼けました!
一番最初に載せてた、"アワビの踊り焼"
白ポン酢でいただきます
なんとも身がやわらか〜〜〜で美味しい♡
生と焼くのとで、食感が全然違って
どっちも美味しいですよね
b0177345_23133247.jpeg
これが白ぽん酢、あまりに美味しいので
買って帰っちゃいました!
もうすでに使い切ってしまったので
またいつか買い足したいです
b0177345_20254430.jpeg
和歌山といえば"クエ"ですよね
漢字では、九絵、と書きます
こちらも高級魚として知られていますよね
身は淡白ながらも、上品な脂の甘さが美味しいんですよねぇ

昔、串本か大島かで潜っていた時に
海底近くのオーバーハングの穴の奥
100cm越えのクエのペアが居たのを思い出します
今も、誰にも獲られずに居てほしい…
b0177345_20255464.jpeg
こちらも地物 "イサキの炙り"
柚子胡椒おろしでいただきましたよ
脂が乗ってて、美味しかった〜
b0177345_20260630.jpeg
"海老"
プリプリさん
b0177345_20261246.jpeg
"煮穴子炙り"
穴子の柔らかさって、ほんと幸せな気持ちになります
b0177345_20263465.jpeg
なんと!!!
最初に食べた、鯛のお造りのお頭を
"あら炊き"にしてくれました!
こーゆーの嬉しいですよねぇ
そんでもってめっちゃ美味しかった〜!!!

あまりにキレイに食べ過ぎて
最後、まじで骨のみになって
こんなキレイに食べた人初めてと
板さんにものすごく感動されてしまいましたw
b0177345_20264401.jpeg
そして、こちらも地魚
"〆さば"
炒りごまとネギでさらに美味しい
ブリもいいけど、鯖も鯵も良いよな〜
結局、青背の魚が好き♡
b0177345_20265711.jpeg
そして"パプリカのマリネの握り"
と"たまご"
b0177345_22104516.jpeg
シメには"荒汁"
旨味がしみじみよ〜く出てる
b0177345_22104800.jpeg
お口直しは"ゆず羊羹"

最初はお寿司も小ぶりだし
お腹いっぱいになるのかな〜なんて思ったけど
色々出してくれてお腹いっぱいになりました!
そりゃ一流のお寿司屋さんと比べたら、色々あるけど
職人さんも、気さくな良い人だったし
楽しい時間を過ごせました!

ごちそうさまでした!!



# by kiroku-mania | 2019-06-24 16:58 | Comments(0)
新しくなった!KEY TERRACEに泊まったよぉお〜!②お部屋編
昨日ご紹介した
白浜のホテル「KEY TERRACE」
キーテラス、と書くと一気にダサくなるので
なんとなく英語で表記してます…
b0177345_21240422.jpeg
今回泊まったお部屋はこちら
デラックスルーム
オーシャンビューです!
ほんっとに目の前、海しかない!
とっても素敵なお部屋です!
いつも相方には感謝の気持ちでいっぱいです
ありがとうねぇ
b0177345_21241432.jpeg
リニューアルされていて
お部屋はとってもキレイ!!
お高めの温泉旅館にはお祝いで時々泊まったりしますが
こういう豪華ホテル系は
リッツカールトン大阪以来かも!
まあ、あそこほどではないけどもw

なんだか今風にオサレに仕上げてありますねぇ
b0177345_21244031.jpeg
前出の写真のベッドの上にある木の扉を開けたら
なんとお風呂!
ちょっと腰をあげたら
お風呂から海を眺めることもできます

このバスタブ以外に
シャワールームも別であるんですよ〜
とっても贅沢な感じ!
b0177345_21243490.jpeg
洗面台もとっても広〜〜い
ちょうど良い高さの椅子や卓上の鏡もあるので
とっても便利でした

ちなみにトイレも広いし
大きなクローゼットもありましたよ〜
b0177345_21242118.jpeg
テレビや空気清浄機
スマホやタブレットも置いてあります
時々見るけど、なんだかよくわからないので
使ったことないw
b0177345_21241852.jpeg
この椅子に座って
海を眺めながらのんびりゆっくり
下は畳敷きでごろりと横になるのも気持ちいいです
b0177345_21243060.jpeg
窓から見下ろすと
海中展望塔とインフィニティ足湯も見えます
b0177345_21242633.jpeg
昨日載せていたテラスも見えますが
真冬の強風の日だったので
テーブルと椅子が風でぐっちゃぐちゃになってますw
多分、普段はもっとおしゃれな感じだと思われます
b0177345_21240813.jpeg
気持ちが良い空間です
ひたすら、のんびり
b0177345_21244523.jpeg
夕方になると
夕日も見えてきました
方角的に真正面ではありませんでしたが
とてもキレイでしたよ〜
b0177345_21463316.jpeg
明日は、夜ごはん編です!
食いしん坊さん、お待たせしました!



# by kiroku-mania | 2019-06-23 16:23 | たび | Comments(0)
新しくなった!KEY TERRACEに泊まったよぉお〜!①館内編
結構、遠出は平気なので
和歌山や三重ぐらいだったら
日帰りすることがほとんどなのですが
今回は、白浜でもお泊まりです
b0177345_14573737.jpeg
「SHIRAHAMA KEY TERRACE」
白浜キーテラス…日本語で書くと
急にもっちゃりした雰囲気になるのはなぜだろう…
元々ここにあった
ホテルシーモアをリニューアルしたホテルです
b0177345_14575385.jpeg
フロントがフロアの中心にあって
珍しく丸い形をしています
天井が吹き抜けて、とってもひろ〜〜〜い

普段、小さな温泉旅館か
小規模のビジネスホテルに泊まることが多いので
こーゆーとこって、なんだか新鮮です
b0177345_14584901.jpeg
ロビーにはソファや椅子がたっくさんあって
どこに座ろか悩みますw
b0177345_15093472.jpeg
どこもしゃれた感じにしてありますなー
b0177345_14582884.jpeg
ロビー?というのか
とにかく1階のフロアが広いw
ここからは海も見えて
とっても開放感があって気持ち良いですよ〜
b0177345_14580618.jpeg
アメニティなど
フロントの近くに設けられたコーナーから
自分の必要なものを自由に持っていくことになってます
b0177345_14580221.jpeg
浴衣はお部屋にも備え付けがあるのですが
もっと華やかな柄のものが豊富にあって
好きなものを借りることができますよ〜
ただ男性ものは選択肢がすごく少ないですw

ちなみに枕もセレクトコーナーがあって
好みのものを自由に借りることができます
b0177345_14585702.jpeg
1階のロビーからは
海側のテラスに出ることもできます
このコーナー、なんか好きぃぃい
b0177345_14583930.jpeg
この日は1月某日
気温はさほど低くないものの
海の真ん前なので、風がめっちゃ強くて
誰も外には居てませんがw
b0177345_14583497.jpeg
こちらは名物の「インフィニティ足湯」
足湯と海が繋がって、境界なく広がるところが
インフィニティ(無限)…ということでしょうかね
強風のせいか、とても温泉とは思えない冷温で
だ〜〜〜れも浸かってませんw
b0177345_15240940.jpeg
ちなみに、温泉もありますよ
「海の湯」
階段で3つのお風呂に分かれていて
一番下は、これまたインフィニティな感じになってますが
多分、外の海中展望塔からは丸見えなんじゃないでしょうか…w

人が多過ぎたので
一瞬だけ浸かって、すぐ出ました
大型ホテルってこんな感じなのですね〜
b0177345_15241970.jpeg
楽しいのは「シャンプーバー」です
自分の好みのものを
選んで使うことができるんですよ〜
小さな蓋つきのプラスチック容器が用意されてるので
お部屋まで持って帰ることもできます
なかなか普段使わないような楽しい品揃えです
b0177345_15241642.jpeg
お風呂上がりには
「うたたねルーム」もあります
漫画などもありますし、有料で酸素カプセルもあるみたいです
b0177345_15362036.jpeg
大型ホテルなんだな〜〜〜と
一番驚いたのが
「プレイルーム 娯楽室」です!
b0177345_15362084.jpeg
子供さん向け?のボルダリングコーナーやら
ビリヤード、麻雀ルーム
ゴルフシュミレーターまであるんです!
b0177345_15362037.jpeg
卓球も無料
熱く燃えましたよ!!
楽し〜〜〜い!
b0177345_15362020.jpeg
おやつは、ホテル内のお土産屋さんで買った
早和果樹園の"みかんアイスパー"
なんとストレート果汁75%とみかん果肉で作られていて
ほんっとにみかんそのもののようなアイス!
めちゃ美味しかった!
b0177345_15415788.jpeg
そうそう、おやつといえば
1階にはパン屋さんもあるんです
奥でちゃんと焼いてるようで、種類も豊富です!
b0177345_16174075.jpeg
朝食で出てくるパンもここで焼いてると思われます
お土産に色々買うのも良いかもですね
b0177345_16182267.jpeg
ドレッシングやジュースなども売られてますし
可愛いワインもありますよ〜
b0177345_16191097.jpeg
大好物のザマンド買いました!
こちらでの名前は"クロワッサンダマンド"
しみしみしてて美味しかったですよ!
b0177345_16203961.jpeg
パン屋さんではドリンクも売られています!
これは人気だという
"バナナまるごとミックスジュース"
それとカフェオレ
美味しかったですよぅ〜

明日は、お部屋編!!
そして、ごはん編へと続きます!!



# by kiroku-mania | 2019-06-22 16:56 | たび | Comments(0)
円月島からの〜!南方熊楠記念館へ!
最近、連日載っけている
アドベンチャーワールド〜田辺のたび
次は、再び
白浜の観光地エリアへ向かいます
b0177345_12215646.jpeg
車だったらね、まあすぐなんですよ
b0177345_12215659.jpeg
白浜の観光地エリアの中心地を
白良浜とすると
それよりは、北側になりますね
通称「円月島」が見えてきます!!!

正式には「高嶋」という名の小島の
ちょうど真ん中に波で侵食された海蝕洞が空いていて
夕日がその間から見える様子が素晴らしいということで
観光客や写真愛好家から大変人気があります
b0177345_12215695.jpeg
まあ、私たちは、時間の都合でお昼間でした
海もなかなか綺麗で
元ダイバーとしては、グッとくるモノがありましたよ
b0177345_12215670.jpeg
円月島のその先を、どんどん進んでいくと
山の上にあるのが
「南方熊楠記念館」です
以前にここで載せた顕彰館とは
また違う展示などが見られます
b0177345_12215687.jpeg
館内の展示はおよそ800点
顕彰館では複製だったものの本物が見られたり
幼少期のものから青年期、海外での暮らし
生物学者や民俗学者としての活動など
色々見ることができます
b0177345_12215619.jpeg
ただ、この先からは撮影禁止…
お見せできないのがとっても残念ですよぅ
最近は、東京とかだと結構OKなとこ多いですけどね
仕方ない…

研究成果を見ていくのも楽しいですが
他にも、使用していた日用品や
アンパンが大好きだったとか
そういう「普通の人」の部分に触れられる展示も楽しかったです

あとは、生きた粘菌を顕微鏡で見られるコーナー
これは、面白いです!!
多分、こんな展示は日本ではここだけではないでしょうか?

まあ、ぜひ、実物を見に、お出かけください
顕彰館も記念館も、どちらも素晴らしいですよ!



# by kiroku-mania | 2019-06-21 16:50 | たび | Comments(0)
お魚も小鉢もみ〜〜〜んな美味しい白浜の穴場ランチ!
田辺から白浜へ向かう途中
相方が見つけてきたお店でお昼ごはんです
b0177345_11334642.jpeg
和歌山・白浜町「お食事処 きく善」さん
白浜といっても、メインの観光地からは車で10分強
およそ観光客とは無縁の場所で
地元ナンバーの車が沢山停まっていました
これは期待できますね!
b0177345_11334671.jpeg
店内手書きの美味しそうなメニューがズラリ
これは〜〜もう当たりの予感

ワタシは、日替り定食のC
相方はホウセキハタ造り定食にしました
b0177345_11334618.jpeg
ワタシの"日替り定食C" 
ほんとは、だし巻き玉子とマグロと本ヨコワのお造り
だったのですが
ヨコワが品切れということで
鯛とマグロになりました
b0177345_11334638.jpeg
うんまい
ヨコワに惹かれてたけど、鯛でも良い
b0177345_11334611.jpeg
お造りも美味しいんですけど
小鉢もとっても美味しいんです!!!

小鉢の中って、普通おかず1種類ですが
こちらでは、いくつもおかずが入ってて
宝箱のようです!!
その味付けのひとつひとつがちゃんと美味しくて
感動しちゃいました
b0177345_11334539.jpeg
これは、相方の"ホウセキハタ造り定食"
お造りと
こちらも同じ小鉢が並びます
あとはごはん、味噌汁、サラダ、お漬物
こっちも美味しそうだな〜♡
b0177345_11334606.jpeg
なかなか食べられないお魚が食べられるのも
良いですよね〜
ホウセキハタも美味しかった!!

こんなお店が近所にあったら
事あるごとに通うだろうな〜〜〜
マジでマジで。ウンウン。

とっても美味しかったです!
また機会があれば、ぜひ食べに来たいです!!



# by kiroku-mania | 2019-06-20 16:33 | そとごはん | Comments(0)
あの南方熊楠が晩年を過ごした家に行き、感動するの巻
皆様は、南方熊楠はご存知ですか?
日本が誇る博物学者で
粘菌の研究で知られていますが
ワタシにとっては
教科書に載っている以上に思い入れがある偉人なのです

というのも
まだ若かりし頃
音楽、舞台、映画、写真などなど芸術方面の世界に
どっぷりと浸かっておりましたが
その中で
当時、とっても大好きだった映画
「ロビンソンの庭」や「闇のカーニバル」の山本政志監督が
熊楠の映画を撮る(しかも町田町蔵で!)ということで
平たく言うと
熊楠が、急に自分の世界に飛び込んできて
アートの対象のような存在になった訳です
まあ、若さゆえの単純さですw
ちなみに映画は資金難で未完なんです…
b0177345_00094826.jpeg
南方熊楠は、和歌山で生まれ
途中、海外で遊学したりしたのち
ここ田辺で暮らしていました
そのお家が今も残っていて、公開されているんですよ
「南方熊楠顕彰館」です
木の香りが気持ちの良い資料館が併設されています
b0177345_00100665.jpeg
資料館のものは全部複製なので、全て撮影OKなのですが
透明なアクリル板?みたいなもので覆われていて
晴れた昼間は、反射して見えにくいし、撮りにくい…
b0177345_10593076.jpeg
いかにも天才といった風の
メモやスケッチや走り書きなどがたくさん見られます
b0177345_10590969.jpeg
有名な南方曼荼羅です
天才の考えることは、凡人の私にはよくわかりませんが
なんだかすごいのです
b0177345_00101440.jpeg
コレは鬼ほど長い「履歴書」です
南方植物研究所の基金募集に協力するのに際し
熊楠の略歴を求められたのに対する返書だそうです
これ、多分全部で3mくらいありましたよ
長さはテキトーですごめんなさいw
b0177345_00100966.jpeg
粘菌を探してみよう!という楽しいコーナーもあります
肉眼でもちゃんと見るとわかります
b0177345_00102187.jpeg
さてさて、こちらが
登録有形文化財「旧南方家住宅」です
大正5年に亡くなるまでの25年間もここで過ごしたそうです
b0177345_00102648.jpeg
庭にはたくさんの木が植えられていて
ここで発見された新種の粘菌などもあったそうです
なんだかここを歩いていたと思うと
感慨深いよ…
b0177345_00103450.jpeg
面白い展示がありました
昔、熊楠が飼っていたクサガメの標本です
氏が亡くなったあとは
どこにいるかわからなくなってたそうですが
1991年頃に見つかって、2002年まで生きたそうです
1920年頃から飼っていた、という話があるので
なんと80年も生きたそうですよ!
b0177345_00103910.jpeg
風が抜けて気持ちが良い母屋です
b0177345_00105328.jpeg
ここは、書斎です
今も机や椅子などが残されています
ここで書き物か何かをしている熊楠の写真も残されているので
とっても感慨深いです!
感激しちゃうなぁ〜〜ぶるぶる…
b0177345_00104619.jpeg
こちらは、蔵です
今でも、熊楠の痕跡を感じることができる
すごい場所です!!!

菌の標本が入れられていた箱や
氏宛ての小包なども残されていて素晴らしいです!
b0177345_00535284.jpeg
庭の「楠の木」です
熊楠が入居した時には、すでに大木だったそうですが
自分の名前とするクスをとても大事にして
自慢していたそうです
b0177345_00535251.jpeg
「安藤みかん」です
田辺・上屋敷の旧藩士安藤治兵衛の邸内にあったことが
その名の由来だそうですが
安藤邸のみかんが枯れ
次に大きい熊楠邸の木が天然記念物に指定されたそうです
楠は毎日このみかんの汁を飲んでいたそうですよ
b0177345_00535261.jpeg
これは、熊楠が
粘菌の新属新種「ミナカテラ・ロンギフィラ」を
発見したという柿の木です!
今も残されているんですね!

それまでは粘菌は腐朽した木について成熟する
と考えられていたそうですが
生きた木にもつく粘菌がいることに着目し
この柿の木のくぼみで発見したのだそうですよ〜
b0177345_00535112.jpeg
そして「センダンの木」です
残念ながら、冬に訪れたので、枝には何もありませんが
紫の花をつけ
遠目に見ると藤の花のように美しい、と讃え
昭和4年「有難き御世に樗の花盛り」と詠ったそうです
また臨終の床で
「天井に紫の花が咲いてる」という
言葉を遺したそうですが
それはセンダンの花だろうといわれています
b0177345_10583880.jpeg
お土産をひとつ購入です
猫好きなことでも有名な熊楠は
絵もたくさん描いています
独特のクセのある書体で、難解ですが
「寒の入り 猫もマントを ほしげなり 熊楠」
と書かれているそうですよ
優しい人柄がにじみ出ていて、とても素敵です

時間は過ぎていても
つい先ほどまで歩いていたんではないかと思うほど
空間を共有できる部分もあり
熊楠の存在を生々しく感じられて
とても楽しかったです

濃い時間だった
素晴らしかったです!



# by kiroku-mania | 2019-06-19 16:00 | たび | Comments(0)
デラックスケーキは和歌山を代表する銘菓なのです
和歌山・田辺に来たら、したいこと
とりあえず闘鶏神社には行った?
そのあとはコレも外せませんよ!
b0177345_23262248.jpeg
皆様、ご存知でしょうか?
和歌山を代表する銘菓のひとつ
「デラックスケーキ」
ちょっとレトロで豪華なパッケージの四角いヤツ
かつては
秋篠宮殿下と紀子さまも召し上がったというおやつです
b0177345_23262271.jpeg
それを売っているお店の本店が
田辺にあるんですよ〜
お店の名前より、お菓子の名前の方が有名ですが
「鈴屋」さん、といいます
見た目は、どこにでもある地方の和菓子屋さんといった感じ

ただ、なんといいますか
デラックスケーキの名の上に胡坐をかいてるのか
お店の方、3人ほどいらっしゃったんですが
店内に入っても、いらっしゃいの一言もなく
こちらが挨拶して商品のことを聞くまで、無視されてました…
特におばさまの愛想が悪いのが残念です
b0177345_23262280.jpeg
とりあえず、接客の不快さに耐え
買ってきました!
最初の写真のデラックスケーキの箱入りと
あと1個ずつ(195円)でも買えますよ
b0177345_23262251.jpeg
なんだかアンダーな写真ですけども
先ほどの写真、1個の中身はこんな感じ
ちょっとどっしりとしたカステラで
表面はホワイトチョコでコーティングされてます
この端正な四角!
毎回、開けるたびにうっとりしちゃう!
b0177345_23262290.jpeg
間には、特製のジャムがサンドされてます
甘いですよ、ええ、ええ。
お菓子が甘くて、何が悪いのっっっ
でも、なんやろう
この重量感がワタシ、大好きなんです
b0177345_23262207.jpeg
あと、コレ、人気あるそうです
"はしっ子"
今回、初めて食べました!!
その名の通りデラックスケーキのはしっこです
1袋324円なんですが
全面にホワイトチョコがコーティングされてるのがミソ
これまた違った味わいなんです
相方は、はしっ子の方が好きかも、と言ってました
コレ、美味しいんですよ〜!

デラックスケーキ
大好きなんですよねぇ

別に田辺で買わなくても、他でも売ってるんだけど
ワタシは基本、本店巡礼したい方なので
行ってまいりました
結果、ちょっと残念でしたけど…
デラックスケーキの味は
相変わらず、美味しかったです!!!



# by kiroku-mania | 2019-06-18 16:26 | あまいものとおやつ | Comments(0)
こないだ、幻日を見ました!
半年ほど溜まっているネタを
ぶっ飛ばして
たまには、最近の話題

というのも
ちょこっと珍しい現象を見ましたので
皆様にご報告です!!

先週6月1日の夕方18時頃ですかね
西向きに車を走らせていた時に
空に縦に虹があるのを見つけました!
b0177345_23354530.jpeg
この日は、雨なども一切降らず
とても良い天気だったし
虹の角度が普段と違うので、変だな〜と言いながら
ずっと見ていたんですが
「幻日」(げんじつ)という大気現象なんだそうですね
b0177345_23354520.jpeg
右側にあるのが太陽です

幻日という現象を詳しく説明してくれてるサイトもありますが
簡単に言うと
氷晶による光の屈折で起こるそうで
太陽の左右にできる光点のことをいうのだそうです

げんじつなのにまぼろし…
と、くだらないことも考えたりしつつ

なんだかとっても綺麗ですね〜

吉兆だという説もあるので
皆さんにおすそ分けですよぉ〜



# by kiroku-mania | 2019-06-17 16:33 | ひとりごと | Comments(0)
闘鶏神社の馬場では、弁慶市が行われていたのです
ワタシが闘鶏神社に行ったのは
1月20日
ちょうど、昔馬場だった場所で
「弁慶市」という朝市が行われていました

この馬場は
今では230mほどの長さですが
江戸時代はもっと長く
流鏑馬や競馬の行事なども行われていたそうですよ
両側には石垣積みの土居も残されています
b0177345_23080027.jpeg
お野菜や干物やお醤油
お寿司に練り物、なんと高野槙まで!!
楽しいものがいっぱい

ただ朝早かったせいか、ちょっと人通りが少なく
ちょっと地元民らしさが無いのか、目立ってしまい
あんまり写真も撮れなかった小心者…
b0177345_23075238.jpeg
なんと、猪や鹿肉も売られていました!
個人的には
お魚の干物とか安くて美味しそうだったんですが
まだ旅の途中だったので断念
b0177345_23072611.jpeg
おじいちゃんが店番をしていたお寿司屋さんで
何かつまむものを買うことにしました
値段、まあまあするし
他の店でもよかったかな、という気もしたけどw
b0177345_23072662.jpeg
和歌山ならではのものがよかったので
"さんま寿司"400円
買いましたよ〜
b0177345_23072661.jpeg
普通に美味しかったです〜

他には二宮の焼一番という回転焼が買いたかったけど
前の人がいっぱい買ったみたいで
焼くのに時間がかかるということで諦めましたが
美味しそうだったな〜〜

朝市って心躍りますよねぇ
なんだか無性に買いたくなるのはなんだろう



# by kiroku-mania | 2019-06-16 16:05 | たび | Comments(0)
こんなにも魂が清々しい気持ちになる神社は初めてだった
田辺に泊まると決まったときに
それならば、是非行ってみたいなと思っていました
b0177345_23003845.jpeg
紀伊山地の霊場と参詣道として
世界遺産にも登録されている
「闘鶏神社」です
なぜか、この日の朝、ものすごく早く目が覚め
相方を起こさずに
そ〜〜っと用意をして行くことに。
b0177345_23004379.jpeg
やってきました
闘鶏神社の歴史はとても古く
413年、熊野権現(今の熊野本宮大社)を勧請し
田辺宮と称したのが始まりだそうです
その後、白河法皇の時代には
熊野那智大社、熊野速玉大社も合わせた、熊野三山を勧請したそうです
熊野三山の全ての祭神が祀られているため
山奥まで行かずとも
三山参詣ができる場所なのです
b0177345_23004897.jpeg
境内は、人も少なくて、しんと静まり返って
とっても神聖な空気です
b0177345_23010385.jpeg
少しすると、宮司さんでしょうか
祝詞が始まりました
太鼓を強く弱く打ち鳴らしながらあげる祝詞が
とても素晴らしくて
魂が震えましたよ
ずっとその場で聞いてしまいました
b0177345_23010755.jpeg
とにかく、いろんな神社に参拝したことがありますが
こんなに清々しくて良い気持ちになったのは
初めてかもしれないなあと。

境内にいる間ずっと思っていました
b0177345_23011551.jpeg
平家物語などによると
源平の戦いが激しさを増し
戦いが海上戦に移る頃
当時最強だった熊野水軍へ、双方が働きかけたそうです

そのときに
熊野水軍のリーダー湛増は
白い鶏と赤い鶏を源氏と平氏に見立てて闘わせて
神意を確かめ
白の鶏である源氏が勝った為、味方することを決め
壇ノ浦に出陣し、源氏の勝利に貢献した
という話から
闘鶏権現と呼ばれるようになったのだそうです
b0177345_23011006.jpeg
そのため、鶏の像なども飾られていますよ
ちなみに
源義経に仕えた武蔵坊弁慶は
前出の熊野水軍の統率者・湛増の子供だと伝えられています
それならば
鶏を戦わせなくても源氏だったのかなー
なんて思ったりする庶民一名w
b0177345_23013499.jpeg
境内には
「弁慶社」というお社もあります
出生地については諸説あるそうですが
田辺には、弁慶ゆかりの遺跡が沢山あるのだそうです
b0177345_23011950.jpeg
その他、社殿も沢山ありますが
本殿や上殿は、田辺における
数少ない17世紀中期以前に遡る貴重な神社建築例だそうです
b0177345_23561177.jpeg
大きな「梛の木」もありました
梛は、凪に通じることや
災厄や病魔を祓い、なぎ払うということから
熊野の御神木として尊ばれているそうです
葉や実も縁起の良いものとして
お守代わりにしたりもするそうですよー
b0177345_00001723.jpeg
あまりに、魂の波動にピッタリとくる神社だったので
(勝手にそう思っただけですけどw)
これまで手出ししてこなかった
神社の御朱印をいただくことにしました
闘鶏神社のオリジナル御朱印帳で始めます
裏は紅白の鶏です
b0177345_00001930.jpeg
先ほど、祝詞をあげていた宮司さんが
書いてくれたと思しき御朱印
本当にありがたい気持ちになりました

結局
お参りして、一旦お宿に帰ったら
相方も行きたい!というので
もう一度参拝w
その時は、結婚式をやっていましたよ〜
こんな良い空気の神社で出来て、良いですね〜

そして
お守りも購入です
「勝運守」
b0177345_00002391.jpeg
本当に素敵な神社だった…
きっと、何かのご縁があるのかなぁと
勝手に思っております

また機会を見つけて
参拝したいなぁと思います


# by kiroku-mania | 2019-06-15 16:00 | たび | Comments(0)


カテゴリ
検索
以前の記事
最新のコメント
>omachiさま コ..
by kiroku-mania at 12:37
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 00:09
> kopuhanaさん..
by kiroku-mania at 22:36
観光地っておいしいものに..
by kopuhana at 19:57
> kopuhanaさん..
by kiroku-mania at 23:12
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧